カードローン低金利の収入証明書と在籍確認の電話

収入証明書不要のカードローンと在籍確認の電話の【特集】

もしカードローンでお金を借りるなら少しでも金利が安いに越したことはないですよね。なので金利の安いカードローンに注目して調べてみました。 その他審査時に必要になる収入証明書や在籍確認の電話連絡のことなども調べてみました。お役にたてると幸いです^^
この借りパパのカードローンサイトは、別のURLアドレスで生まれ変わっております。 主要コンテンツも移転していますので、そちらをご覧ください。 新URL:http://fundbank.jp/
利子さん担当ページは下記ページ↓に移転統合となっています。
在籍確認の電話連絡と審査のスコアリングを教えて!利子さん

「借りパパ」と手伝ってくれている「利子(リコ)さん」のもう少し詳しいプロフィールはこちら


収入証明書・所得証明書が原則いらない限度額は?<一覧表>


銀行カードローンの貸付について2016年に弁護士会が取り上げたことで、2017年春にはマスコミにも取り上げられるようになり、少々社会問題化しました。

特に、「収入証明書・所得証明書が不要」「即日融資」「おまとめローン」「主婦でも借りられる」などの広告表現が問題になり、銀行各社は自主規制するようになりました。

このサイトの当初のコンセプトは「収入証明書不要の融資金額」をまとめて、カードローン借入の情報をわかりやすく提供することでしたので、ある意味役目を終えたのかなと思います。

内容の濃いコンテンツ・今だ有効な内容につきましては、別サイト2つに移転して展開していますので、そちらをご覧ください。
この借りパパのカードローンサイトは、別のURLアドレスで生まれ変わっております。 主要コンテンツも移転していますので、そちらをご覧ください。
新URL:http://fundbank.jp/
利子さん担当ページは下記ページ↓に移転統合となっています。
在籍確認の電話連絡と審査のスコアリングを教えて!利子さん


フリーローン・カードローンで借りるなら必須。金利の知識


「実質年率18.0%」で設定しているカードローンで100万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は100万円×0.180×1(年)=180,000円となります。

今度は「実質年率4%」で設定している会社から100万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は100万円×0.07×1(年)=40,000円となります。

支払う利息の差が、なんと14万円にもなってしまいます。これは大きいですよね。

上記の利息計算を最初の1か月に返す利息として計算すると、
実質年率18.%の場合で180,000円÷12=約15,000円。
実質年率 4%の場合で  40,000円÷12=約 3,333円です。
(※これらの計算は単純計算によるものです。返済方式によって返済額は異なりますので、あくまで目安とお考えください)

スタートは少しの差でも、積み重なればどんどん差は広がっていきます。
ですからお金を借りる時は、いろいろ探して少しでも安い金利で借入れをするようにしましょう。

※返済方法によって実際の支払い金額・支払い利息は変わってきますので、
どの会社のキャッシング・カードローンで借りる場合も、公式サイトにて返済方式を必ずご確認ください。