消費者ローンと銀行カードローンの関係

消費者ローンと銀行カードローンの関係

消費者ローンでお金を借りる際の基礎知識として、消費者ローンと銀行カードローンとの関係について見ておきたいと思います。
語の定義から言えば、銀行カードローンも消費者ローンの中に含めようと思えば含めることができますが、世間一般の用語系で考えるならば、消費者ローンはあくまで消費者ローン専業業者が取り扱うサービスのことを指し、銀行カードローンはその名の通り銀行が取り扱うカードローン商品のことを指します。
銀行カードローンは、消費者ローンに比べて金利が低いことで知られています。ただし例外もあって、例えば同じオリックスグループのオリックス銀行カードローンと、オリックス・クレジットが発行するオリックスVIPローンカードでは、すくなくとも小口から中口の融資にかけては、オリックスVIPローンカードの方が低い水準となっています。
あるいは銀行カードローンであっても、新生銀行が取り扱うブランドであるレイクは、プロミスアコムなどを消費者ローンと同じ水準の金利で貸付けを行っています。これはもちろん、以前は専業消費者ローン業者であったレイクのサービスを引き継ぐがゆえです。
銀行と業務提携をしている大手消費者ローン業者の場合、提携している銀行カードローンに大口でなおかつ低金利の個人向けローン商品を委ね、自社では小口で相対的に金利の高いローン商品を担当する、という業務スタイルが想起されがちですが、言ってもこれはアコム、プロミス、モビットの3社に代表される程度の範囲でしかありません。