消費者ローンでお金を借りる前に知っておきたい総量規制

消費者ローンでお金を借りる前に知っておきたい総量規制

消費者ローンでお金を借りる際に重要な法律知識として、総量規制と言うルールを上げることができます。この総量規制というルールは、 2010年に完全施行された改正貸金業法によって定められたものであり、消費者ローン専業業者や、信販会社の営業に大きな影響を及ぼしました。
総量規制というルールは、過剰貸し付けを抑制することを目的として定められたルールです。すなわち、利用者の年収の3分の1以上を超えて利用者に融資を行ってはならず、さらに1社で50万円以上もしくは他者と合わせて100万円以上の借り入れを希望する場合には、その利用者の収入証明を、業者は求めなければならないと言うルールです。
信販会社の場合には、発行するクレジットカードにおいてキャッシングの機能とショッピングの機能がついていますが、この総量規制が規定するのはキャッシングに対してだけです。ショッピングに関しては、別途割賦販売法という法律によって、その与信枠の計算が行われます。ただ、消費者ローン業者が照会する信用情報機関上の個人信用情報にはショッピングの利用残高も記載されることになりますから、このいずれのデータも消費者ローン業者が融資枠を判定する際の材料となります。
ちなみにこの総量規制は、あくまで貸金業法が管轄する業者に規定が限定されます。つまり別途管理法のある銀行や信用金庫、労働金庫、信用組合は、この総量規制の規制対象外となります。またビジネスローンにおける事業性融資も、この総量規制の対象外となります。