消費者ローンでお金を借りる手続きのあらまし

消費者ローンでお金を借りる手続きのあらまし

消費者ローンでお金を借りる際にはどのような手続きが必要でしょうか。ここではそのあらましについて述べたいと思います。
消費者ローンといっても、私たちが普段目にする消費者ローンの数というのはたかが知れています。名前を挙げろと言われても10社もあげられないのではないでしょうか。それくらい大手が幅をきかせていて、ブランド力を誇っているというのがこの業界の特徴です。
まず、全国に店舗とは自動契約機があるプロミス、アコム、アイフルなどの業者では、店頭でも、インターネットからでも、自働契約機からでも申し込みをすることができます。特に医者で50万円以下もしくは他社と合わせて100万円以下の借入申し込みであれば、氏名、現住所、生年月日が記載された運転免許証などの公的機関が発行する本人確認書類さえ用意すれば、原則としてその審査を受けることができます。ただし、自営業者の場合などは、その時々の実態を調査するために確定申告書類などの提出を求められることもあります。
名前を聞いたことのある消費者ローン利用者の商品はほとんどがカードローン形式ですが、すべての消費者ローン商品が、カードローン形式であるわけではなく、例えば老舗の消費者ローン会社であるフクホーは、証書ローンという形式をとっています。証書ローンといっても、その手続きはそこまで煩雑なものではなく、セブンイレブンにあるマルチコピー機を使って契約書類の受け渡しを行うことができます。ただ証書ローンであっても、カードローンであっても、最近では、これを赴かずに全ての申請を行うことができる場合がほとんどです。