岩手県の銀行カードローンで低金利はどこ?

岩手県にある地方銀行のカードローン

岩手銀行

岩手銀行のカードローンには、「いわぎんカードローン・エルパス」があります。キャッチフレーズは「超カンタン キャッシング」というもので、迅速な回答、来店不要、パート・アルバイトの方でも利用可能です。また、インターネットからの申込みもできますし、夜間や休日でも年中受付しています。ネットを利用すれば窓口への申込みは不要です。使いみちは、事業資金を除いて原則自由です。利用対象者は、契約時の年齢が20歳~70歳の方となっています。申込みの際には、免許証、保険証、パスポートを提示すれば大丈夫です。利用限度額は1万円から1万円単位で選択でき、最高で300万円です。ただし、新規申込みの場合には、上限が200万円になるのでご注意ください。保証会社としてアコムがありますので、保証人や担保は不要です。

東北銀行

東北銀行のカードローンには、「とうぎんカードローン「BuDDY」」があります。特徴としては、段階金利の採用と、最高で500万円の大きな融資額です。利率は年4.8%~14.0%と低めなところも嬉しいです。 利用対象者については、20歳~65歳の安定収入のある方となっており、標準的です。パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦の方も対象となっています。年金受給者を対象者として明記しているあたりに、このカードローンの柔軟さが現れています。他の条件としては、銀行営業エリア内に居住、もしくは勤務している方となっています。使いみちは事業性資金を除いて自由、融資金額は10万円から10万刻みで100万円まで、そして100万円からは50万刻みで最高500万円まで利用できます。変動利率については、「ファースト」「セカンド」「サード」「フォース」といった4つに分類されます。

北日本銀行

北日本銀行のカードローンには、「ASUMO」があります。利用対象者は、契約時の年齢が20歳~63歳までの方となっています。一般的には65歳までというものが多いですが、このカードローンでは自動更新が適用され、最終的に65歳までは利用可能となっています。その他の条件は、安定収入があり、営業エリア内に居住もしくは勤務している方となっています。パート、アルバイト、主婦、年金受給者も含まれており、安心です。専業主婦は配偶者の収入によって融資の判断がされます。限度額は10万円~500万円です。

みんなのカードローン体験談

私のカードローン体験記

私が実際に体験した借金のお話をします。

私が初めてお金を借りようと思ったのは誰にでもあるような事がきっかけでした。友人の結婚式が重なり、当時入社したばかりでボーナスもろくにもらえず、学生の時の奨学金の返済などで貯金がほとんど出来ない時でした。うっかり忘れていた家賃の支払いを大家さんに催促されびっくりしました。残高が足りていなかったのです。でも給料日まではあと20日もあったのですぐには支払えません。家賃の滞納なんて初めてのコトで、しかも催促されたコトに焦ってどうにかしなくてはと思った時に目に入ってきたのが銀行の広告でした。カードローンなら即日融資可能という言葉に引っ張られるように銀行へ入って行った事を覚えています。この時に大家さんに「支払いを待って下さい」と言う勇気があれば後に借金で苦労することはなかったのかなと思います。

銀行の窓口では、綺麗なお姉さんが優しく色々とローンについて教えてくれました。私なら300万円借りられること、何の費用or代金に使ってもいいこと、銀行のカードローンは口座に残高が足りないときに即時融資してくれるので払い忘れがなくなることなど、私にはとても魅力的な言葉ばかりでした。
何より、「借りても給料が出たらすぐ返せば良い」と思っていたのでそのまますぐに契約して、家賃分のお金より少し多く借りて帰りました。

家賃はしっかり払ったので余分なお金なんて必要なかったのに、なんでこの時に借りてしまったのかわかりません。でもこのお金を財布の中で見た時に「借りたお金」と思わず「自分のお金」として利用してしまったことが一番いけなかったのかも知れません。

ちょっと高いけど、給料が出れば返せるしと思って洋服を買ったり靴を買ったり、気づけば何十万も借りていました。それでも月々の返済が少しだったので「余裕」と思った私は気にせず使い続けていました。気づけば130万円も借りてしまっていました。

本当にこのままではいけないとやっと気づいて、2年前から仕事の後にバイトも始めました。深夜のバイトは時給がよかったので比較的お金を稼ぐことが出来たので、2年で130万円完済できました。

銀行のカードローンはとっても便利だし、上手く使えばとても助かる存在です。だからこそいつも甘えてはいけないのだなと実感した出来事でした。

↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加