広島県の銀行カードローンで低金利はどこ?

広島県にある地方銀行のカードローン

広島銀行

広島銀行のカードローンには、「マイライフプラス」があります。特長としては、主婦やアルバイトの方も利用でき、柔軟な審査対応をとっていることです。ローンについては2種類の返済方法があるので、使いみちに合わせて使い分けましょう。自由に借入れ・返済が可能な「カード型」と、一度にまとまった金額を借入れし、毎月、決まった固定の額を返済していく「分割返済型」があります。

まずは「マイライフプラス」のカード型を紹介します。利用対象者は、年齢が20歳~57歳までで、年収は200万円以上となります。ローンとしては基準がやや高めです。限度額は10万円~500万円までで、10万円単位で設定できるます。金利については、変動金利では年3.475%~年13.975%、固定金利では年8.0%となっています。一方、「マイライフプラス」分割返済型では、利用対象者が年齢20歳~65歳までと、カード型より拡大されています。定額返済であることから計画的に返済できるとみなされていることがその理由と思われます。分割返済型も年収200万円以上が条件となります。限度額は10万円~300万円までで、1万円単位で設定できます。金利は、変動金利では年3.3%~年13.3%です。きちんと定額で返したい方におすすめできるローンです。

もみじ銀行

もみじ銀行のカードローンには、「マイカードプレミアム」があります。特長は、最高500万円までのゆとりある限度額でしょう。銀行、郵便局、セブンイレブンATMで借り入れ可能となっています。利用対象者は、営業エリア内に2年以上居住、もしくは3年以上勤務している方、年齢は20歳~60歳までで、更新時年齢は65歳までとなります。さらに、前年度の年収が200万円以上と定められています。派遣社員、パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦の方は利用できないので、ご注意ください。金利は変動で年4.5%~年11.5%です。金利が他の銀行ローンと比べて低めに設定されている分、利用基準がしっかりしている印象があります。高額の融資が必要で、かつ確実に返済できる方向けのカードローンとなります。

みんなのカードローン体験談

専門学校進学時にカードローンで借りた

専門学校に行くときに銀行のカードローンで借りましたが、社会人で仕事をしていたのでローンの審査は問題なかったです。当時は働きながら専門学校に通うつもりでいたし、学校に通う際に必要となってくる費用or代金として340万円借りたかったのです。3年制の専門学校でもあたっため、その程度の金額が欲しくなりましたが、収入も安定している方だったので自信はありました。返済も自力で少しずつ返していくプランを考えていましたが、審査の結果は貸してもらえると言われたのが嬉しかったです。銀行を利用したのもきちんと理由がありましたが、いつも給料の振込でお世話になっているのは大きかったです。顔なじみだったりして仕組みもわかりやすかったですが、申し込みに行った際も親切に教えてくれたので助かりました。カードローンに借入を申し込むまでも色々と問い合わせをさせてもらえましたが、専門学校の合格通知が届いてからでも遅すぎではなかったです。貯金が貯まるのを待っているよりも進学を早めるのにはお金を借りる選択をしたほうが賢いと感じたからです。20歳も過ぎていて自立できている立場だったからこそ、カードローンでお金を借りられたのは悪くなかったですが、電車通学で交通費なども必要だった関係から多めに借入ができたのも納得できるところでした。クレジットカードは持っていましたが、銀行のカードローンの方が金利もお得だったのは印象的でもありました。申し込めるカードローンの限度額も予想しているよりも高く設定してくれていたのも意外だったのですが、審査が通るまでは確認事項もあったりと忙しかったです。カードローンでお金を借りた時点での職業は会社員でしたが、職場にもローン会社のほうから電話が掛かってきたときも事務でしっかりと対応してもらえたのでスムーズにそれらは済ませられました。カードローンで借りられたおかげで専門学校進学もできましたが、毎月の返済も給料から無理のない範囲で返せているのは金銭的な負担がほとんどなかったです。全額返せるまでに数年はかかってしまいましたが、一度も延滞などすることもなく、完済できたのは計画的に借りられたのだと実感しました。

↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加