奈良県の銀行カードローンで低金利はどこ?

奈良県にある地方銀行のカードローン

南都銀行

南都銀行のカードローンには、「E-PACK」があります。特長として、銀行口座から公共料金の引落しをしている方に、残高不足の場合の自動融資サービスがあります。公共料金の他、クレジットカードの引落しにも適用されます。利用限度額は、20万円、50万円、70万円、100万円、200万円、300万円の6種類が用意されています。それぞれの融資額に応じて、金利は変動で9.0%~14.0%の間で適用されます。融資金額については、それぞれに詳しい条件があるので確認していきましょう。まず、20万円の場合は、20歳~60歳までで、安定継続した収入があること、主婦の方は配偶者が審査されます。これが50万円になると、同一勤務先に3年以上勤務していることが必要になります。特に自営業の場合には、営業開始から3年以上経過している必要があります。その他、前年度税込年収200万円以上、持家を所有もしくは公団や社宅に1年以上居住という条件を満たさなければなりません。さらに融資額が上がると、年収の基準や公団への居住年数の条件が引き上げられます。

返済額と金利については、20万円では毎月1万円・14.0%、50万円では毎月1万円・13.0%、70万円では毎月2万円・11.0%、100万円では毎月2万円・10.0%となります。ここからは金利が10%を切っていきます。200万円までは毎月3万円・9.5%、300万円では毎月4万円・9.0%となります。月に定額返済も可能です。

その他に、利用までの流れを見ていきましょう。まずは申込みフォームから事前審査申込みを行います。インターネットが利用できて便利です。申込みをすると、郵送による審査結果の連絡が来ます。その上で、正式の申込みをするために、希望する店舗へ来店する必要があります。カードが発行されたら、インターネット・モバイルバンキングの契約がおすすめです。パソコンやスマートフォンから借入れと返済ができるので、非常に便利です。また、南都銀行はもちろん、提携ATM、さらには全国のコンビニATMが利用できます。ローソン、セブン-イレブン、ゆうちょ銀行などで、いつでもどこでも利用できるので、安心です。

みんなのカードローン体験談

カードローンの使い過ぎで自己破産の危機

社会人になってまもなくの頃、人生初のクレジットカードを手に入れました。
社会人になったし、信用情報も蓄積しておいた方が言う話を聞いたこともあり、早めに作っておくことに。
気軽に作ったカードでしたが、一度使うとこれがまた超便利なんですよね。
しかもカードって、手持ちが無い時も借入できたりするじゃないですか。
なんかカードさえあれば何でも買える気になって、あれこれ買い物ばっかりしてました。

でも借入限度額がすぐいっぱいになるようになって、いろんな銀行のカードローンに頼りました。
これがいけなかったですね。
学生時代は気軽に買えなかったものや、彼女に良い顔したいが為に、とにかく毎月使えるだけお金を使ってました。
その代金はみるみる膨れ上がっていて、気付いた時には軽く3ケタ万円を超える金額に。
一番多い時で約210万円借りてたかな。
さすがにヤバイと思って返済を考えましたが、まずかったのが4枚のカードの内、3枚が自動リボ払いになってたと言う事。
当時は良く考えもしないでカードを申し込んでいたから、リボ払いになってることなんて気付かなかったんですね。
リボ払いは毎月一定の額を支払う設定にすることができるので、月ごとの負担は少なくて済むのですが、当然一定額からはみ出た分には利息が付きます。
しかもこれがまた高い(泣)
明細書を初めてまじまじと見たとき、利息額なのか買い物した代金なのか分からず、「費用or代金」で頭がごちゃごちゃでした。
今でこそリボ払いの恐ろしさと言うか、注意点は割りと知られるようになってきているけど、当時はそこまで有名じゃなかったんですよね。

それが判明して、まずはカード会社に連絡して自動リボ払いの解除をお願いしました。
次の問題は膨れ上がったローンをどうするか。
若気のプライドから彼女に言えるわけもなく、だからと言って現金はない。
さすがにこれ以上借り入れて、借金を増やすわけにもいかない…。
そんな自分は親に相談しました。
ものすごい勢いでぶん殴られました(笑)
てめぇの尻も拭えないような使い方するんじゃねぇ、と。
頭を下げて何とか全額借り(無利息無期限両親ローンがですが…)、無事返済することができました。
それ以来、怖くてカードを使うのは大物を買う時だけにしています

あの時、全額用意することができなかったら、と考えると今でもぞっとします。
カードは便利ですけど、使い方には要注意と言う良い教訓になってます。

↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加