鹿児島県の銀行カードローンで低金利はどこ?

鹿児島県にある地方銀行のカードローン

鹿児島銀行

鹿児島銀行のカードローンには「かぎんカードローン」があります。利用対象者は20歳~58歳までで、鹿児島県、宮崎県、熊本市、福岡市のいずれかに居住または勤務している方となっています。限度額は10万円~500万円まで、10万円単位で指定できます。金利は固定で限度額に応じて年4.5%、6.5%、8.5%、9.5%、12.5%、14.5%のいずれかが設定されます。必要書類としては、まず本人確認書類があります。免許証、パスポート、住民基本台帳カード、印鑑証明書のいずれかが必要です。また、融資額200万円以上の場合には年収の証明が必要になります。給与証明書、源泉徴収票、年間所得証明書、市町村民税特別徴収税通知のうち、いずれか1つを用意しておきましょう。鹿児島とその周辺3県に及ぶ地域密着型の銀行で安心して大口の融資が受けられることが、このカードローンにおける最大の特徴でしょう。

南日本銀行

南日本銀行のカードローンには「WAZZECA PLUS」があります。南日本銀行の「住宅ローン」を利用している方にとって利用しやすいローンとなっています。限定されたサービスの利用者のみを対象とするカードローンとあって、他のローンと比べて独特のものとなっています。特徴としては、限度額が最高500万円、割引後の金利が固定で年4.5%という点です。審査方法は2種類から選択可能です。1つは「3秒審査」というもので、フォームでたった7つの項目を選択するだけで、すぐに融資の可否が診断できます。もう1つは最短46分で仮審査の回答が得られるというものです。利用対象者について見ていくと、20歳~65歳までで、南日本銀行の住宅ローンおよび住宅金融支援機構を利用している方です。また返済について、1年以上延滞のない方に限られます。基準は高いものの、これを満たせば年6%での借入れが可能なため、メリットは非常に大きいです。限度額は10万円~最高500万円まで、10万円単位で設定でき、全50コースがあります。南日本銀行で住宅ローンの取引などがある方には金利優遇も含めて様々なメリットがあるので、是非ともおすすめしたいです。

みんなのカードローン体験談

新婚旅行の費用のために銀行のカードローンを利用しました

私は最近、じつは借金をしてしまいました。なんの借金かというと、ハネムーンのための費用です。

結婚式に少しお金をかけすぎてしまったので、ハネムーンの費用がほとんど残らなかったんですよね。とはいえ、ハネムーンにいかなかったりすると、一生言われそうで怖いですし、ここは思い切って銀行のカードローンでお金を借りることにしたのです。

ハネムーンに行かなかったことで一生グチグチ言われるよりは、はっきり言ってマシだと思ってますし、今でもお金を借りたことに後悔はありません。もちろん、ハネムーンを楽しむわけだから、その後の家計管理は厳しくする旨は伝えました。その代わり、ハネムーンはめいっぱい楽しもうという話もしました。

実際のところですね、銀行のカードローンというのは消費者金融で借りるよりも低い金利で借りられる場合が多いです。今のところ妻も働いていますので、この点なんかも加味してくれたのだと思いますが、金利はとても低く借りられました。最初は50万円ぐらい借りれば十分かな?とも思ったのですが、何かあった時に怖いので70万円借りました。

それでも月々の支払い額はそれほど多額にはなりませんし、ボーナスなどで一括返済してしまえば問題のない範囲だと思います。ただし、子どもができた場合いは一括返済はせずに手元に貯金を残して、余裕のあるときに返済しようかな、とも思いますが。

いずれにせよ、ハネムーンはハワイに行ったのですが、とても楽しかったですし、私自身も行って良かったと思っています。おそらく子供が生まれたりなんかしたら、なかなかふたりで海外に行くこともなくなると思いますし、とても良い思い出になりました。

そして、現在は返済という現実にぶち当たっています。とはいえ、毎月しっかり返済できていますし、大きな問題はなにもありません。もう少し計画的に結婚式の予算立てをすればよかったかなぁという後悔はもちろんありますが、ハネムーンに行ったことは後悔していませんし、ここは頑張って返済したいと思います。

私たちのように、どうしてもお金が足りないような場合には、カードローンはとっても便利です。計画的に利用すれば問題はありませんので、お金がないときにはオススメですよ。

↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加