家計が一変する!?家計簿をつけてみよう

家計簿、つけていますか?

 

レシートを受け取ったり、受け取ったレシートをまとめて記帳する作業はどうしても面倒臭いもの。

 

「つけた方が良いのはわかってるんだけど…」

 

と、なかなか習慣にできていない方も多いのではないでしょうか。

 

家計簿は、云わば家庭の経理帳簿です。
家庭のやり繰りを上手にするには必須とも言えます。

 

「それもわかっているんだけど…」

 

なかなか具体的な効果をイメージできないことが続けられない理由になってしまっている方にも良くお会いします。

 

では、家計簿をつけるとどんな効果が得られるのでしょうか。

 

1.使途不明金、意図不明金がなくなる

 

家計簿をつけると、家庭に関わるお金の全てを記帳することになりますから、よくわからずに出ていくお金をなくすことができます。
実は、この効果がとても大きく、継続するだけでなかなか下がらなかった支出が一気に下がる、なんてこともあります。

 

2.記帳するから財布の紐がきつくなる

 

心理的な効果ですが、記帳を始めると、買った物は全て記帳することになります。
間食や無駄遣いに関しても記帳しますから、それを読み返す自分を想像すると、レジ前で足が止まる…なんていう効果も表れてきます。
記帳するのが嫌だから止めてしまう買い物ですから、ストレスが少なく支出を削ることができる、という訳です。
また、大抵こういった買い物は後から後悔することも多い為、防ぐことで逆に喜びに変わることもあります。

 

3.習慣化が生む波及効果

 

家計簿をつけ、記帳した結果を読み返す習慣を作ると、自分の身の周りのお金は全て管理できるようになります。
その習慣の先には、例えば月の予算を組みそれを目標に家計をやり繰りする習慣を作っていきます。

 

すると、少し先の将来であれば自分の描いた通りのお金を生み出し、使いこなしていくことができるようになります。

 

これは、家計だけでなくある意味仕事にもとても大切なスキルを生み出しますから、仕事力も上げ、支出を引き締めることが収入を生み出す力までつけてくれることになります。

大抵の方は2までで留まりますが、3のような予算組みまで行うと、想像以上の効果を生み出していきます。

 

一度習慣化すれば、それは歯磨きの様に”しなければ気持ちが悪い”ものに変わっていきますから、まずは最初の一歩を踏み出し、習慣を作る努力をすることが大切です。

 

家計簿には、お金に対するノウハウがとてもたくさん詰まっています。

 

たかが家計簿、されど家計簿。

 

その効果は活用する人によって大きく異なる未来を作ってくれますよ。

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーOKM
ファイナンシャルプランナーOKM
FP技能検定2級、基本情報技術者
5年間ほどシステム構築の仕事ののちファイナンシャルプランナーに。
ライフプランニング、保険、資産運用、家計の収支のやり繰りに関わる分野全般をサポート。
↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加