安くするポイントはココ!引越し料金の交渉術

引越しの繁忙期真っ只中の3月。
その料金も普段と比べてとても高くなります。
中には倍以上になることも。

 

新生活を迎える為にも引越しがスムーズに済むかどうかはかなり大きなポイントになりますよね。
そんな引越しも、品質を保ちつつ、安くお得にするにはどうすれば良いでしょうか。

 

そのポイントはいくつかありますが、まずは何よりも時期。

 

引越しが集中する年度末や年末、研修が終わった6月~7月あたりは、引越し業界の繁忙期にあたります。
特に年度末の2月~3月は、どの業者も値段を大幅に上げる最大の繁忙期になります。

 

この時期はどうしても料金が高くなりますから、可能であれば避けたいところです。

 

そして、曜日やお日柄も値段が変動するポイントです。

 

最も休みの多い土日や大安などの良いお日柄には引越しも集中しやすいもの。
値段や条件の交渉も受け入れにくくなります。

 

何より、忙しい時期の仕事は数もこなし疲労が出ますから、破損等の損害確率も上がります。

 

ただ、ほとんどの方は繁忙期に引越し、土日祝の日程しか選択肢の無い方もいるかと思います。

 

そんな方は、見積や契約の交渉をしていくポイントを押さえましょう。

 

まず引越しの見積は複数社出してみること。
一括見積や各業者への電話やインターネットで行うことが多いかと思いますが、会社間の料金を比較しながら交渉すると、値下げ率が上がります。

埼玉県八潮市から東京都足立区への引越し料金。
評判のアート引越センターで引っ越した体験談

 

また、繁忙期でも日付指定で値段を下げている業者も存在しています。
比較的小さな業者に多く存在しますが、実は小さい業者の方が、交渉や実際の引越し対応も良いところが多いのです。

 

そして、比較的知られていないのが、ダンボールの受け取り。
引越し業者が自宅まで来て見積を出し、契約交渉する場合が実はチャンスです。

 

業者は必ず移動する時にダンボールを持ち歩いています。
しかし、ダンボールは通常、契約をしてから個数を決め、郵送で送られるものです。

 

この郵送料が意外と高くつく為、値下げ交渉も頭打ちになることもあります。
ただし、自宅まで見積に来たとき、その場でダンボールを置いて帰ってもらうようにすると、その郵送料が浮きますから、値段も下げる余地が生まれます。
その交渉をすると、数千円単位で下げることができますよ。

 

その他には引越しに際する損害保険が、保険料が別途必要な業者と業者負担でかけてもらえる業者も分かれます。

 

また、エアコンの取り付け工事費用等も業者によって相場が異なりますので、引越しそのものの費用だけでなく、持っている家具によってもトータル的に料金を考えて見積・交渉して検討するのが引越しを高品質を保ちながらも安くお得にするコツですよ。

↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加