資産や借金と上手に付き合おう。まずは家計の管理で内訳を明確にして把握する

貸借対照表を家計に

貸借対照表をいう帳票をご存知でしょうか。経理や会計の世界で扱われる帳票の1つで、その資産状況を表すものです。

これは至ってシンプルで四角を縦半分に分け、向かって左手に資産を、右手上部に負債、下部に純資産を記載する表となっています。事業主や経営者は、この表を見ることで自分の会社の経営状態を把握します。

実は、家計としてもこの発想は大切で、家計の収支だけでなく、今現在の資産や借金の状態を把握することは、今後の生活における不安や恐怖を軽減すると同時に収支バランスをどうすれば良いかという計画にも繋がっていくのです。

家計のバランスを整える時、家計簿をつけながら毎月や毎年の収入と支出、そして余剰資金から出る貯蓄や運用を断面的に捕らえながら管理します。

通常は、この程度の管理をしていれば将来の貯蓄や今現在使うべきお金を上手にコントロールすることができるようになります。

しかし、この資産と負債を正確に把握する、という観点を取り入れると、将来や今現在の不安要素をより効果的に取り去ることができるようになるのです。

手始めに試して頂きたいのは、家計簿を1ヶ月単位でまとめること。まとめる時に、今現在の預金や生命保険、投資信託や財形等の資産がいくらになっているのかを全て書き記すことです。

また、同時に住宅ローンやカードローン等の借金も残高と完済時期等の情報を書き記します。こうすることで、金利の状況把握、残高の把握が同時にでき、収支と合わせれば今現在自分にどれだけの余裕があるのかがわかります。

この作業をするだけでも、その時点で余裕があることがわかればもちろん安心できます。

そして、実は余裕がないことがわかったとしても、漠然とした不安は消える為、次の手を考えられる効果もあり把握していない時と比べると圧倒的な安心感が得られるのです。

借金がある場合

特に借金に関しては、その返済に追われ金利や残高に不安を覚える方も多いでしょう。借金は金利がつきものですから、その返済計画と上手にお付き合いをしていくことが大切です。

資産運用も実はこれと同じで、金利やその時の資産状況を把握しながらリスクと上手にお付き合いしていくことが大切になります。

その為には、資産や負債と上手にお付き合いができる自分を作ることが大切です。そしてこれを実現できるのが、家計簿をつけること、そして月毎にまとめる作業なのです。

前述したように、これは会社経営のそれととても似ています。家計の管理も会社の管理も、実は同じ要素で成り立っているのですね。

資産や借金と上手にお付き合いできるようになったら、会社経営をしても成功できるかもしれませんよ。

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーOKM
ファイナンシャルプランナーOKM
FP技能検定2級、基本情報技術者
5年間ほどシステム構築の仕事ののちファイナンシャルプランナーに。
ライフプランニング、保険、資産運用、家計の収支のやり繰りに関わる分野全般をサポート。
↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加