無駄なく生命保険料を半減させる方法

生命保険料はいくら程度払っていますか?

 

家族人数や年齢によって様々かと思いますが、中には3万、4万を越えるご家庭もあるのではないでしょうか。

 

日本人の生命保険加入率は実に9割を越えます。
そんな高い加入率とは裏腹に、支払った保険料に対して保険金の受け取りが下回る方もとても多いのも現実です。

 

その理由の1つは、期間の定められた”定期保険”という掛け捨ての生命保険に加入している方が大多数を占めていることが挙げられます。

 

特徴は、定められた期間を過ぎると保障の効果も切れてしまう一方で、安い保険料で高い保障を得ることが出来るというメリットがあります。
その為、万が一のリスクに備え、こういった掛け捨ての定期保険をかける方が多くなるのですね。

 

また、医療等の保障に特約としてこの定期保険がたくさん付加されているケースも少なくありません。
その為、個々の金額は決して高くなくとも、合計で見ると高くなることも少なくありません。

 

「安くなったら良いなぁ・・・。でも無いと不安だし・・・。」

 

生命保険を見直す時、大抵の方がそんな不安と葛藤するかと思います。

 

そんな時、1つ知っておきたいのが収入保障型の生命保険。

 

これは、決められた期間のみ、万が一があったらその家庭の収入を保障しますよ、というものです。

 

一見、通常の定期保険とあまり違いがわかりにくいのですが、通常の定期保険はその期間中いつ万が一があっても同じ保障額が得られ、収入保証型の場合は万が一があるタイミングによっては受取総額は徐々に減っていく、という大きな違いがあります。

 

対象の期間が始まった時をピークに受取総額が徐々に減ってくる為、保障の準備としてはおおよそ通常の定期保険に比べて半額程度で済みます。
ですので、この保険は保険料が通常の定期保険に比べても更に半分近く安くなることが多いのです。

 

もちろん、受取総額が下がる可能性があることを考えれば、お得感がないように思えます。
しかし、生命保険は万が一の時にお得を生むものではありません。
生命保険は万が一の時に、守るべき家族を経済的に守れるだけを定めて補填するお金そのものです。
決して、多く受け取れたら良いものではありません。

 

自分の手にしたことの無い大きなお金を得ると、逆に家計が壊れてしまうことも少なくありませんから。

 

正しく必要な額を試算し、収入保障型の生命保険のような形で活用できると、保険料等の無駄が大幅に削減でき、万が一の時も安全に家庭を守っていくお金を残すことができますよ。

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーOKM
ファイナンシャルプランナーOKM
FP技能検定2級、基本情報技術者
5年間ほどシステム構築の仕事ののちファイナンシャルプランナーに。
ライフプランニング、保険、資産運用、家計の収支のやり繰りに関わる分野全般をサポート。
↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加