何がオトク!?賃貸部屋探しの値下げ交渉

賃貸の部屋探しをする時、避けて通れないのが初期費用。

 

その内訳は、敷金、礼金、初月の家賃、仲介手数料、火災保険、鍵交換費用、等で構成されており、おおよそ約4~5ヶ月分の家賃程度かかるのが相場です。

 

これら、なんとか下がらないものかと誰もが感じるところかと思います。

 

ただ、どこから交渉すれば良いのか、何が交渉しやすいのか、等、なかなか一般の方にはわからないところ。

 

まずはそれぞれの意味を正しく理解しておきましょう。

 

敷金は、後で返金される云わば積立金のようなお金。
入居中に訳あって家賃を滞納してしまったり、退去後のクリーニング等のお金として保管され、最終的には使わなかった額が返金されます。

 

礼金は、大家さんへ納められるお金で、これは返金されません。

 

仲介手数料は、大家さん(または管理会社)と借主の間を取り持つ不動産屋さんへ支払う報酬になります。

 

これらの特徴を捉えると、敷金は交渉しなくても後から返ってきますから優先度は低くなります。
お得が出るのはやはり礼金や仲介手数料。

 

火災保険は不動産屋さんがそのままお勧めするものは保険料が高かったり補償に過不足が出ることもあります。
個人的に組めるのであれば、一般の火災保険で加入する方が、お得に手厚くできることもあります。

 

初期費用の値下げポイントとしては、礼金、仲介手数料、火災保険や鍵交換になってきます。
その中でも比較的交渉しやすいのが礼金、管理会社であれば仲介手数料や火災保険等も交渉しやすくなります。
(そもそも、管理会社は仲介手数料が通常はありません)

 

また、毎月の家賃に関しても賃料に端数が出ている物件や空室期間が長くなっている物件は交渉がしやすくなります。

 

全てを交渉できることもなかなか珍しいものですが、いずれの特徴を知っていることで契約から退去時までの費用総額はかなり値下げすることが可能になります。

 

そして最終的には、管理会社の担当者や大家さんといかに人間関係を良好にするかでも交渉の可能性は格段と変わってきますよ。

この記事を書いた人

ファイナンシャルプランナーOKM
ファイナンシャルプランナーOKM
FP技能検定2級、基本情報技術者
5年間ほどシステム構築の仕事ののちファイナンシャルプランナーに。
ライフプランニング、保険、資産運用、家計の収支のやり繰りに関わる分野全般をサポート。
↓応援してくれると嬉しいです^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加