カードローン低金利の収入証明書と在籍確認の電話

収入証明書不要のカードローンと在籍確認の電話の【特集】

もしカードローンでお金を借りるなら少しでも金利が安いに越したことはないですよね。なので金利の安いカードローンに注目して調べてみました。

 

その他審査時に必要になる収入証明書や在籍確認の電話連絡のことなども調べてみました。お役にたてると幸いです^^

この借りパパのカードローンサイトは、銀行員の方にも手伝ってもらえることになりましたので、別のURLアドレスで生まれ変わっております。

 

主要コンテンツも移転していますので、そちら(下記URL)をご覧ください。
http://fundbank.jp/

 

 

「借りパパ」と手伝ってくれている「利子(リコ)さん」のもう少し詳しいプロフィールはこちら


収入証明書・所得証明書が原則いらない限度額は?<一覧表>

収入証明の要否の金額ライン カードローン名 実質金利 おすすめ度
300万円以下
原則不要
オリックス銀行
カードローン
3.0%~17.8% 詳細と申込へ
300万円以下
原則不要
じぶん銀行カードローン 2.1%~17.4%
AUユーザーのみ優遇
詳細と申込へ
300万円以下
原則不要
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 詳細と申込へ
300万円以下
原則不要
楽天銀行
スーパーローン
4.9%~14.5% 詳細と申込へ
200万円以下
原則不要
みずほカードローン 4.0%~14.0% 詳細と申込へ
100万円以下
原則不要
三菱東京UFJ銀行
カードローン
1.8%~14.6% 詳細と申込へ
100万円以下
原則不要
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 詳細と申込へ
100万円以下
原則不要
住信SBIネット銀行
Mrカードローン
1.99%~7.99% 詳細と申込へ
当社50万円借入か
他社含め総額100万円超の場合に必要
三井住友カード
ゴールドローン
4.5% ~ 9.8% 詳細と申込へ
当社50万円借入か
他社含め総額100万円超の場合に必要
アコム 3.0%~18.0% 詳細と申込へ
当社50万円借入か
他社含め総額100万円超の場合に必要
SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 4.5%~17.8% 詳細と申込へ
当社50万円借入か
他社含め総額100万円超の場合に必要
アイフル 4.5%~18.0% 詳細と申込へ
収入証明書・必要 モビット 3.0%~18.0% 詳細と申込へ

フリーローン・カードローンで借りるなら必須。金利の知識

「実質年率18.0%」で設定しているカードローンで100万円借りたとします。
借入期間が1年だとすると、その期間の利息は100万円×0.180×1(年)=180,000円となります。

今度は「実質年率4%」で設定している会社から100万円借りたとします。
借入れ期間は同じ1年間。すると利息は100万円×0.07×1(年)=40,000円となります。

支払う利息の差が、なんと14万円にもなってしまいます。これは大きいですよね。

上記の利息計算を最初の1か月に返す利息として計算すると、
実質年率18.%の場合で180,000円÷12=約15,000円。
実質年率 4%の場合で  40,000円÷12=約 3,333円です。
(※これらの計算は単純計算によるものです。返済方式によって返済額は異なりますので、あくまで目安とお考えください)

スタートは少しの差でも、積み重なればどんどん差は広がっていきます。
ですからお金を借りる時は、いろいろ探して少しでも安い金利で借入れをするようにしましょう。

※返済方法によって実際の支払い金額・支払い利息は変わってきますので、
どの会社のキャッシング・カードローンで借りる場合も、公式サイトにて返済方式を必ずご確認ください。


カードローン金利の安い順番一覧表

※レモン色のラインのところが銀行になります↓
実質年率 ローン名 限度額
0.99% ~ 7.99%
※要注意 下記参照
住信SBIネット銀行カードローン
プレミアムコース
最高1,200万円
1.7%~12.5%
AU割かつ借換の場合
じぶん銀行カードローン最高800万円
1.8% ~ 14.6%三菱東京UFJ銀行
カードローン
最高500万円
1.9% ~ 14.5%楽天銀行スーパーローン最高500万円
2.1%~17.4%
AUユーザーのみ優遇
じぶん銀行カードローン最高800万円
3.0% ~ 7.0%
住宅ローン利用で0.5%下げ
みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
最大限度額 1,000万円
3.0% ~ 17.8%オリックス銀行カードローン最高800万円
3.0% ~ 18.0%モビット最高800万円
3.5% ~ 9.8%三井住友カード
ゴールドローン
最高500万円
3.5% ~ 14.0%
住宅ローン利用で0.5%下げ
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
最大限度額 1,000万円
3.8% ~ 13.8%イオン銀行 カードローンBIG最高800万円
4.5% ~ 17.8%SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
最高500万円
4.5% ~ 18.0%新生銀行カードローン
レイク
最高500万円
4.5% ~ 18.0%アイフル最高500万円
4.7% ~ 18.0%アコム最高500万円
4.8% ~ 13.5%イオン銀行 おまとめローン最高700万円
5.8% ~ 14.8%東京スター銀行
おまとめローン
30万円以上1,000万以下
直近に複数社でローンを申込んだ
人は審査に通りづらくなります
6.47%~15.0%セゾンのカードローン最高300万円
9.5% ~ 18.0%ノーローン最高300万円
15%セブン銀行カードローン10万円、30万円、50万円
上限18.0%セディナカードローン最高200万円


地方銀行のカードローン

 

北海道   [ 北海道 ]

東北   [ 青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島 ]

関東   [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 ]

甲信越   [ 山梨 | 長野 | 新潟]

東海   [ 静岡 | 愛知 | 岐阜 | 三重 ]

北陸   [ 富山 | 石川 | 福井 ]

近畿   [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国   [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]

四国   [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州   [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

沖縄   [ 沖縄 ]

 

 

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

商社金融である銀行であれ、信用金庫であれ、労働金庫であれ、その申込にあたって、いちばんてこずってしまうのがカードローン申込時の在籍確認・電話連絡です。
このカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は2つの意味で手こずります。 1つは会社側が個人情報保護の観点から在籍状況を明らかにしない、もしくは在席状況を明らかにすることができるが、派遣もしくはアルバイトであるために申込書に書いた連絡先の、人間には自分の在籍状況が把握できないと言う点です。もしその場で在席状況が確認できない場合には在籍名簿から名前探し出してもらうことになりますが、これは会社側からすればかなり不自然な手続きに思えてしまいます。
もう1つの手こずってしまうポイントは自分がカードローンに申し込んだということが会社の人間に知れ渡ってしまうということです。クレジットカードならともかくとして、カードローンというのはお金を借りるだけのカードですから、お金に困っているように思われるのも嫌だと言うことで、抵抗感を抱いている人も多くいるでしょう。また仕事場だけではなく、家族に知られるのも嫌だという人もいるに違いありません。
本サイトではカードローン申込時の在籍確認・電話連絡に対してそのようにてこずってしまわないように、具体的な対策、心構えを書いていきたいと思います。さらにそれだけではなく、各金融機関が実施しているカードローンの審査とはどういうものか。そしてその中に在籍確認・電話連絡があるのかどうかという点も合わせて解説を行っていきたいと思います。在籍確認を電話連絡だけではなく、カードローンの審査自体についても注意すべき点を載せていきます。
現在では、さまざま金融機関が非常に間口広くカードローン商品の販売を行っています。せっかくその様な状況にあるのですから。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡等にてこずラジニカードローン商品を利用出来るようになりましょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡 30項目

手強い?カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡で二の足を踏まないために
  • 夕方以降はキケンだぜ!
  • ローンカードと言わなきゃ良い
  • 「クレジットカード」以外の口実は使えるのか??
  • あまり深く考えないようにね!

銀行・しんきん・ろうきん編

  • カードローン審査・大手銀行編
  • 大手銀行カードローン申込時の在籍確認・電話連絡
  • カードローン審査・中小銀行編
  • 中小銀行カードローン申込時の在籍確認・電話連絡
  • カードローン審査・しんきん編
  • しんきんカードローン申込時の在籍確認・電話連絡
  • カードローン審査・ろうきん編
  • ろうきんカードローン申込時の在籍確認・電話連絡

信販・消費者金融編

  • カードローン審査・信販編
  • 信販カードローン申込時の在籍確認・電話連絡
  • カードローン審査・消費者金融編
  • 消費者金融カードローン申込時の在籍確認・電話連絡
  • モビットの革命的サービス

状況別の対処法

  • オフィスいるときでもいろいろ面倒
  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~オフィスいない編
  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~主婦編
  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~個人事業主編
  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~非正規編A
  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~非正規編B

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡で頭がいっぱいのあなたへ

  • 申込ブラックってそんなに黒い?
  • ムダに申込ブラックにならないよーに
  • とどこおりなく返済、していますか?
  • カードローン申込時の在籍確認・電話連絡より気になる収入状況
  • スコアリングというもの
  • 自分が何者か示す

 

手強い?カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

 

在籍確認・電話連絡で二の足を踏まないために

カードローンの申込を行う際の注意書きのところには、即日融資のサービスを行うカードローン商品であったとしても、たいてい「申込の時間帯によってはご融資が翌日以降になることがあります」などと記載されています。

 

これはどういうことかというと、 1つにはATMの稼働時間が過ぎるとさすがに即日融資がむずかしくなるという意味がありますが、もう一つにはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡をする際に勤務先が営業を停止していればその在籍確認を行うことができないので、最終審査が翌日以降にずれ込んでしまうという意味があります。

 

つまりカードローン申込時の在籍確認・電話連絡はカードローンで借り入れを行うまでの時間の長さを左右する、最大のネックのうちの1つなんです。ですからカードローンの申込を思い立ったならば、出来る限り午前中に持ち込みをしましょう。だいたい注意書のところには、○時までに申込いただければ、即日融資も可能です、といったようなことが書かれています。その時間を過ぎてしまうと、即日融資も翌日にずれ込んでしまうわけですね。

 

また即日融資でなくてもカードの発行を早めるためには、できる限り午前中が望ましいでしょう。もしくはこうもいえます。カードローンの申込を思い立ったのが金曜日のアフターファイブであったときは会社に残業組が残っていない限り申込行っても無駄な抵抗です。アフターファイブをゆっくりと楽しむことに全力を注ぎましょう。

 

夕方以降はキケンだぜ!

大手のカードローン商品では、申込の契約をオンライン上で済ませることにより、カードが家に届く前に融資を先だって口座に振り込むというサービスを実施している所が多いです。あるいは、全国にATM網がある、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行またSMBCコンシューマーファイナンス、アコム、アイフル、モビットといった最大手のカードローン商品であれば、カードの発行も即日行うことが可能です。

 

しかし、その即日発行の行く手を阻むのがカードローン申込時の在籍確認・電話連絡なんです。午前中からお昼過ぎにかけて申込を行えば即日融資の夢もかなり叶いやすくなりますが、夕方あたりにズレこんでしまうとタイミング如何によってはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡がうまくいかないので、結局融資も翌日以降にずれ込んでしまうという羽目になります。

 

在籍確認の電話連絡が行われない場合には、業者のほうも代替案を示すことすらできません。代替案というのは、利用者に特別な質問をしたり、もしくは源泉徴収票の提出を求めたりする方法ですね。在籍確認の第一の方法が電話連絡であるわけですから、その第一の方法を行わない限り、このような代替案に選択肢が移るという事は無いわけです。過去にキャッシングの利用履歴があって、特に問題がない場合には、在籍確認も叩かれる可能性がありますが、とりわけ初回申込時にはやはり夕方以降の申込であると即日融資の可能性が低くなってしまいます。

 

ローンカードと言わなきゃ良い

職場の人々にカードローンの利用が知られてしまう可能性があるため、都合が悪いと思う人も多いカードローン申込時の在籍確認・電話連絡ですが、よくよく考えてみれば「ローンカード」ということさえ知られなければ何も問題は無いわけです。

 

そのような発想に基づいて導き出される最善の「場のしのぎ方」は「クレジットカードの在籍確認です」というエクスキューズを使うやり方です。クレジットカードの総発行枚数をご存知でしょうか。現在(2013年時点)では国内での総発行枚数はおよそ3億枚です。この中には有効期限切れのカードや退会済のカードはもちろん含まれていません。つまり国内で利用可能なクレジットカードが3億枚もあるということなのです。そして、この3億枚のカード全てに対してその審査時に在籍確認・電話連絡があったわけではないでしょうが、少なくとも数千万枚に関しては、在籍確認・電話連絡があったはずです。

 

そもそもクレジットカードは買い物に利用するのがメインですから、それを持つことに対していまどき何のやましさもありませんが、 数としても、これだけの人数が持っているものですから、 「クレジットカードの在籍確認で電話がかかってくる」ということに対して何の違和感もないわけです。それどころか、ある年齢以後の人であれば誰しもが経験している事ですからとがめられるようなこともないでしょう。もしそれを咎める人がいるとすれば、全国に3億枚。カードの利用者を同時に咎めている事にもなります。多勢に無勢。「クレジットカード」を口実に使う方法は、無敵です。

 

「クレジットカード」以外の口実は使えるのか??

カードローン申込の在籍確認・電話連絡を行われるのが都合が悪いという場合があるでしょう。このような場合のその場のしのぎ方について、ここでは「クレジットカードの在籍確認です」というエクスキューズ以外の逃れ方のメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

 

まずカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は個人名でかかってきますから、その個人であるのをいいことに「友達からです」と電話を取った人に対していうという方法があります。わかっています。この方法はとても不自然です。

 

業者の側は「個人名で友達のふりをして電話をかけますから」という風に提案をしてくることがありますが、 「友達のふりをして」ってすごくありえないシチュエーションだよなぁと心の中でツッコミを入れてしまうことがままあります。これだけ携帯電話やメール、さらにSNSツールが発達している中で、なぜ仲の良い友達が自分の会社に電話連絡を入れることがあるのでしょうか。よっぽどの緊急事態以外考えられません。

 

これは友達だけではなく、家族や親戚など「親類」をダシに使った場合にもあてはまることです。いちばん現実味があるのは親からの緊急連絡という体ですが、これにしてもけっきょくは緊急連絡という口実を使わなければ、なかなか、成立しません。しかし、自分の親や身近な知り合い以外に自分とその勤務先等結びつける情報を知っている者というのはほとんどいないわけです。何らかの情報サイトに登録をするときに自分の勤務先を書く場合がないわけではありませんが、その情報サイトというのは、往々にして、転職サイトである場合がほとんどでしょう。まさか転職サイトから電話がかかってきたなどということは言えませんよね。結論としては「あきらめるしかありません」。

 

あまり深く考えないようにね!

とにかく時間が取られる!審査が前に進まない!ということで忌み嫌われるのがカードローン申込時の在籍確認・電話連絡です。このカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は2つの点で忌み嫌われます。

 

1つには、会社がなかなか個人情報を晒してくれないという、もう1つは会社が曝してくれたとしても、会社の人間にカードローンを利用していることをあまり知られたくは無いという点です。会社が個人情報晒してくれない場合には、業者が融通を効かせた在籍確認(会社に在籍しているものしか知らないような情報をその利用者に聞き出すといった方法や、その会社の給与明細書や源泉徴収票を追加書類として提出してもらうという方法)を提案してくれない限りは、その会社の電話受付の人にカードの在籍確認がある旨を事前に伝えなければなりません。そうすると、どのみち会社の人に自分が何らかのカードの申請をしているということが知られてしまうことになります。

 

そう考えるとますます気分が重たくなってしまいますが、よく考えましょう。世の中にはカードローンやキャッシングを利用している人が山ほどいます。金融庁が発表している。統計データを見てみますと、消費者金融業者の貸付件数の総数は700万件以上。これにクレジットカードのキャッシングと、信販会社の貸付を合わせますと、 3,000万件以上の数に上ります。これは個人向け融資に限定した話です。三田間にも利用しているのだから、抵抗感を持つ必要ないという意味ではありませんが、こと在籍確認・電話連絡に関しては、取り立てて抵抗感を持つ必要はないでしょう。

 

 

銀行・しんきん・ろうきん編&信販・消費者金融編

 

カードローン審査・大手銀行編

カードローンといっても様々な種類がありますが、ここでは、大手銀行のカードローンの審査について見ていきましょう。大手銀行と言って名前が浮かぶのが、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行りそな銀行の名前ですね。このうち、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行は大手消費者金融業者である。アコム、プロミスをそれぞれ子会社として持っています。そして、自らの銀行カードローン商品においても、その保証会社をアコム、プロミスにそれぞれ委ねています。

 

保証会社というのは、すなわちその審査と債権回収を行う業者です。また、みずほ銀行のカードローン商品は大手信販会社であるオリコが保証会社を担当しています。大手銀行カードローンといっても、その審査は実は消費者金融業者や信販会社が担っているので、その審査の方式は、消費者金融業者や信販会社のそれとそれほど大きく変わるものではありません。つまり申込書フォームを見て、同時に信用情報機関に問い合わせて、その利用者のクレジット及びキャッシングの利用状況を確認するというわけですね。

 

大手銀行カードローン商品では消費者金融業者や審判会社が発行するカードローン商品よりも上限金利が、およそ4%ほど低くなっていますから、その低い金利に合わせて利益収入が見込める大口融資が可能な顧客をターゲットとしています。それを補うようにして、それら銀行の子会社である消費者金融業者が、比較的高利でなおかつ小口の融資を担っているという構図になります。

 

大手銀行カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

一番の心配事である。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討していきましょう。ここでは、大手銀行のケースについて見ていきたいと思います。大手銀行カードローンでも例外なくというか、大手銀行カードローンだからこそカードローン申込時の籍確認・電話連絡は行われます。

 

ただし、商品説明を見る限りでは、カードローン申込時の在籍確認・電話連絡は必ずすると明記されておらず、する場合があると記されているに過ぎません。やはりすでにクレジットカードが発行されていて、そこでキャッシングを利用していたり、もしくは消費者金融業者でキャッシングを利用していたことがある場合、その履歴が紹介されるので、そこで返済の遅れなく、優良な顧客としてふるまっていればカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は免除されるのでしょう。

 

特に三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のカードローン商品はそれぞれSMBCコンシューマーファイナンスとアコムか保証会社を担っており、過去にこれらの業者で利用をしたことがあり、なおかつ、特に問題なく利用をしていれば、電話連絡が免除されるからしれません。翼のこれはメガバンクが消費者金融業者を子会社として自らのカードローン商品の保証会社にあてがうのは、いうまでもなく、顧客の層を広げるためです。メガバンクとてこれまでは企業への融資に関心が集中しており、個人向け融資に関しては唯一手を出していませんでした。だからこそ消費者金融業者を取り込む戦略に打って出たんです。

 

カードローン審査・中小銀行編

カードローンといってもさまざまな種類がありますが、ここでは地方銀行など中小銀行のカードローンの審査について見ていきましょう。

 

地方銀行や新興のネット銀行などの中小銀行でも消費者金融業者や信販会社がその保証業務を担っています。例えば、茨城県に本拠地を置く常陽銀行ではアコムがカードローンの保証会社になっていますし、ネット銀行大手の楽天銀行では、信販会社のセディナがその保証業務を担っています。

 

地方銀行のカードローン商品では、その銀行に普通預金口座を持っていることが条件であるという場合が多いです。というよりも、 一部のメガバンクなどが口座開設不要というカードローン商品を発行しているだけであって、通常は銀行であれ、信用金庫であれ、その金融機関の口座持っているというのが利用条件として多数派です。ただし普通預金口座の開設はカードローン申込後でも可能であるというところが多いです。

 

また、地方銀行ではカードローン商品においては大口ではなく、小口融資が多数派であり、大口の融資に関してはカードローンではなく証書ローン形式のフリーローンで実施している場合が多いです。つまり、地方銀行やネット銀行のカードローンの審査というのは、このような普通預金口座を保有してさえいれば、消費者金融業者や信販会社と同様の審査プロセスを経るものと思われます。過去の利用状況や現在の利用状況は保証会社が加盟する信用情報機関、さらには保証会社の過去の利用履歴などとも照らし合わされて審査がなされることになるでしょう。

 

中小銀行カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事である。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討していきます。ここでは、地方銀行やネット銀行等の中小銀行のケースについて見ていきたいと思います。中小銀行カードローンでも、当然のことながらカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は行われます。

 

地方銀行でもネット銀行でも、そのカードローン商品の説明書きのところには必ず保証会社の保証を受けられるかどうかというところが申請条件として記載されています。カードローンを初めて利用する場合にはこの項目の意味がよく理解できないかもしれませんが、何度かカードローンを利用したことがある人にとってはピンとくる項目でしょう。要するに地方銀行でもネット銀行でもその保証会社に消費者金融業者や信販会社があてがわれており、過去にその様な業者で利用をしたことがあって、なおかつ少々問題など利用したことがある場合には、そのカードローン商品の申請にネガティブに響いてしまうということです。そして無駄に申込ブラックになってしまわないためにも、自分に都合の悪い保証会社が入るカードローン商品にはあえて申込をしないという選択肢が考えられるわけです。

 

そして中小銀行のカードローン申込時の在籍確認・電話連絡は、いうまでもなくこの保証会社が行うことになります。銀行の窓口のお兄さんお姉さんが電話連絡を行うわけではありません。したがって、その電話連絡の手法は、消費者金融などのカードローン商品と同じく個人名で電話をかけ、その人物が居るかどうかを電話に出た人の口から聞き出すという方法になります。

 

カードローン審査・しんきん編

カードローンといっても様々な種類がありますが、ここでは信用金庫が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。

 

信用金庫のカードローン商品というのは銀行カードローン商品と比べておよそ1%から2%ほど金利が低く、設定されている場合が多いです。信用金庫の申込条件は、その信用金庫の店舗の営業地域に居住しているか、もしくは勤務しているかということが条件になります。また、練習の条件として150万円以上などといった条件がよく見られます。逆にいうとそれ以外には特に条件がないというカードローン商品が多数です。このことは意外に知られていません。

 

カードローンというと、消費者金融、信販会社、銀行の三つを思い起こしがちで、信用金庫はあまり選択肢の中に含まれませんが、私たちが思っている以上に信用金庫というのは、実は間口が広いのです。カードローン=銀行・消費者金融といった図式は捨てた方が良いでしょう。

 

信用金庫の保証会社は必ずしも消費者金融業者や信販会社というわけではなく、信用金庫館処するローン商品の保証を専門に行うしんきん保証基金という機関が担っている場合があります。大抵はこのしんきん保証基金が担うカードローンと民間保証会社が担うカードローン商品の2つがラインナップとして並んでいる場合が多いです。このしんきん保証基金も三大信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に加盟しています。また、ここでいう民間保証会社というのは、やはり信販会社や消費者金融業者のことを指します。

 

しんきんカードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しています。ここでは信用金庫の加工するカードローン商品のケースについて見ていきたいと思います。

 

信用金庫のカードローンでも、当然のことながらカードローン申込時の在籍確認・電話連絡が行われます。信用金庫のカードローン商品もその保証会社は消費者金融業者もしくは、信販会社が担っているものが多いです。ただしそれに加えてしんきん保証基金という信用金庫のローン商品専門の保証会社が担う商品もあります。

 

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡はこれらの保証会社が行うことになります。消費者金融業者や信販会社が行う電話連絡はそれらの会社が発行するカードローン商品の電話連絡と同様の手法でしょう。そしてしんきん保証基金が行う電話連絡も基本的にはそれらに類するものです。

 

ただし、信用金庫の場合も銀行カードローンと同じく100%カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を行うわけではなく、連絡をする場合があるとだけ商品説明には記載されています。ですから、すでにカードローンの利用履歴が他者である場合には、その電話連絡が免除される可能性も往々にしてあります。とりわけ、利用状況に何の問題もなく、直近に利用していることが確かめられる場合です。期間が開いてしまうと、その利用者の就業状況なども変化している可能性があるため、再度在籍確認・電話連絡を行う可能性が高まるでしょう。

 

カードローン審査・ろうきん編

カードローンといってもさまざまの種類がありますが、ここでは労働金庫が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。

 

労働金庫のカードローン商品というのは、軒並み10%以下という低金利で貸し出しを行っています。しかもそれは大口ではなく、 50万円以下の小口に対しても、その金利が付くわけです。非常にお得なカードローン商品ですよね。小口でさえ金利が低いと聞くと、なかなか敷居の高いカードローン商品だと思ってしまいがちです。

 

確かに労働金庫が発行するカードローン商品のメイン商品は、その労働金庫に出資を行う公務員組合や労働組合に加入している必要がありますが、実はその夜、組合に加入していなくても申し込める労働金庫のカードローン商品というのはたくさんあります。通常はそのような組合員向けカードローン商品と非組合員向けのカードローン商品とが併設して同じ労働金庫の中にラインナップとして並んでいます。

 

そして組合員向けの労働金庫カードローンは、その保証会社として日本労働者信用基金協会という労働金庫のローン商品専門の保証会社が担っています。それに対して非組合員向けのカードローン商品は、消費者金融業者や信販会社などの民間保証会社が担うという場合が多いです。その民間保証会社が保証をするカードローン商品であっても金利は10%を切る定理のものが数多く存在します。日本労働者信用基金協会も民間保証会社と同じく信用情報機関に登録をしており、そこから利用者の過去および現在のクレジット・キャッシングの利用状況を紹介します。

 

ろうきんカードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しています。さてここでは労働金庫の発行するカードローン商品のケースについて見ていきたいと思います。労働金庫に関しては、とりわけ労働金庫に出資を行っている公務員組合や労働組合、生活協同組合に加入していることを条件とするタイプのカードローン商品にあっては、その在籍確認・電話連絡は確実に行われることになるでしょう。

 

その会社や組織に在籍していることが何よりの条件なのですから、当然のことです。さらには非組合員向けのカードローン商品であっても、その利用条件の中にその労働金庫が営業している地域内に居住もしくは勤務していることが含まれているために、過去や現在の他社でのカードローンの利用状況に照らして在籍確認を免除するというわけにはいかないでしょう。あくまで申請時において、その営業地域内に居住もしくは勤務してることが条件となるからです。それを労働金庫側は確かめなければなりません。

 

労働金庫の保証会社は、基本的には日本労働者信用保証基金がになっていますが、商品のラインナップによっては民間保証会社が担う場合もあります。しかし、民間保証会社であったとしても、今述べたような理由によって、かなり高い確率でカードローン申込時の在籍確認・電話連絡が行われるでしょう。また、全般的に労働金庫の運営形態からして(労働金庫は原則非営利です)、そのカードローン審査の基準はやや把握しづらいと考えられます。

 

 

カードローン審査・信販編

カードローンといってもさまざまの種類がありますが、ここでは信販会社が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。信販会社もまた消費者金融業者と同じく銀行や信用金庫労金のカードローンの保証業務を担う審査のプロフェッショナルです。

 

信販会社が提供するカードローン商品は一般に、消費者金融業者が提供するカードローン商品と同じ金利水準となっています。さすがクレジットカードを多く発行する業者だけにカードラインナップが豊富で、基本カードは、消費者金融業者と同じ金利設定であっても、プレミアム格のローンカードであれば、これよりももう少し低い金利での貸付を行っています。

 

信販会社の消費者金融業者と同じく、貸金業法の規制をもろに受ける業者です。ですから、年収の3分の1以上の貸し付けをすることはできませんし、また50万円以上もしくは他社合わせ100万円以上の貸し付けを希望する場合には、収入証明を提出しなければなりません。ちなみに、信販会社が提供するクレジットカードにも、キャッシング機能がついていますが。クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠と合わせて設定されることになります。

 

そしてこのショッピング枠は割賦販売法によって厳密な数値的規定は無いにせよ、利用者の年収からその生活に必要であろうと思われる金額を差し引いたものに0.9%かけた値までというのが原則となっています。この世に審査が少しだけ入り込むのでクレジットカードの発行にはローンカード専用の物よりはやや時間がかかります。

 

信販カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しております。さてさてここでは、信販会社が発行するカードローン商品のケースについて検討してみたいと思います。

 

信販会社はクレジットカードであれ、ローン専用のローンカードであれ、その発行に当たっては、基本的に在籍確認・電話連絡を行っています。信販会社のひとつだけ美味しいところは在籍確認が職場のひとに知られたとしても、その信販会社の名前を言えばクレジットカードの在籍確認だと思ってくれるのであまり抵抗感がないというところです。クレジットカードなら誰でも持っていますし、その発行にあたってはだれでも在籍確認の可能性があるわけですから、あまりひるむ必要がないというわけですね。

 

もしローンカードの申込で在籍確認が行われたとしても、その信販会社の名前を言っておけば、相手は勝手にクレジットカードの在籍確認だと勘違いしてくれるわけです(こう書くと何だか悪どいことをしているようですが)。クレジットカード申込時の在籍確認・電話連絡に関しては「クレヒス」があれば省略されることが多いと言われています。クレヒスとはクレジットカード・ヒストリーのことですね。

 

過去のクレジットカードの利用状況に照らして、その在籍確認・電話連絡を省くというものです。特にランクの高いクレジットカードの発行を受けている業者であれば、その免除の可能性は高いかもしれません。クレジットカードであれローンカードであれ途上与信と言って、利用途中の審査があり、その発行が承認されているうちは、信用できる利用者として認められているということなのです。

 

カードローン審査・消費者金融編

カードローンといってもさまざまの種類がありますが、ここでは消費者金融業者が発行するカードローンの審査について見ていきましょう。

 

消費者金融業者といえば銀行や信用金庫などの保証業務も行う審査のプロです。カードローン審査の奥の院と言っても過言ではないでしょう。消費者金融業者の特徴は、個人に向けた小口の融資を行う代わりに、やや高めの金利を設定しているというところです。金利を高めに設定することで、元本がすくなかったとしても収益を得ることができますし、仮に貸し倒れが生じても、あらかじめそれなりのリターンを得ておくことが可能なのです。

 

消費者金融業者のカードローンの融資額が小口であるからといってカードローン申込時の在籍確認・電話連絡がないわけではありません。 唯一モビットのWeb完結と呼ばれるサービスがこの在籍確認・電話連絡を省略する手続きを実施しています。消費者金融業者貸金業法の規制を受ける業者ですから、年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはなりません。また、その業者単独で50万円以上の借り入れを希望している場合、もしくは他の業者と合わせて(これは銀行も信用金庫もいずれの金融機関も含まれます) 100万円以上の借り入れを希望している場合には、その利用者の収入証明を求めなければなりません。

 

更に、貸金業法によって運転免許証が交付されている。利用者はその運転免許証の番号を提出しなければならないことになっています。免許証番号はいちど交付されれば、その番号が変わることがないため、本人確認書類としては非常に強い効力を持つものであるため、貸金業法ではこの様な規定が設けられるに至りました。

 

消費者金融カードローン申込時の在籍確認・電話連絡

いちばんの心配事であるカードローン申込時の在籍確認・電話連絡を個別に検討しております。さてここでは消費者金融の発行するカードローン商品のケースについて見ていたいと思います。

 

消費者金融と言えばもっとも間口の広いカードローン商品の提供業者として知られていますが、間口が広いからといってカードローン申込時の在籍確認・電話連絡がなされないわけではありません。ただ、労働金庫や信用金庫などと違って、その営業地域内に居住在籍している必要などもないために、場合によっては過去のキャッシングの利用状況を照らしてみてカードローン申込中の在籍確認・電話連絡を省くという場合があるでしょう。ただしそれはその過去の利用が比較的最近である場合に限られます。長い時間を置いてしまうと、その利用者の就業状況や居住状況も変わってくるからです。

 

消費者金融業者のカードローン申込時の在籍確認・電話連絡で近年注目すべきは、大手のモビットが導入したWeb完結と呼ばれるシステムです。これは、社会保険証と給与明細書のページによって電話連絡による在籍確認のプロセスを省くという画期的な方式です。このWeb完結を利用するにあたっては、本人確認書類として運転免許証かパスポートのいずれかの書類でなければ申込を行うことができません。保険証だけでは申し込めないということですね。また、三井住友銀行が三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていることも条件となります。これらの銀行口座開設するにあたっても本人確認書類が必要となりますので、幾重にも本人確認の手順を踏ませているという風に見ることもできます。

 

モビットの革命的サービス Web完結

過去にクレジットカードやローンカードの利用経験があり、なおかつその利用時に何の問題もなく使用をしていた場合カードローン申込時の在籍確認・電話連絡の手続きは叩かれる可能性があります。とりわけその利用が直近に渡っている場合には、利用者の収入状況も変化していないだろうという見込みが経ちますから、ますます在籍確認が省ける可能性が高まります。しかし、初回申込時や過去のカードローンの利用から随分と時間が経っている場合にはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡はまず間違い無く行われるでしょう。

 

ところが、そのようなカードローン審査のお約束に風穴をあける革命的サービスを導入したのが、モビットです。そのサービスの名前はWeb完結と呼ばれます。

 

このWeb完結では、基本的には、社会保険証と給与明細書の提出をもって本人確認の代わりとするものです。とても単純な発想なのですが、このような方法を導入するにあたっては、その社会保険証が一体どの企業の社会保険証なのかという点と、その給与明細書が本当にその傘が発行したものであるのかという点に関して不明確な部分もあるわけですから、実はモビットとしてはリスクをとっているわけです。しかし、そのリスクを取ってもなお貸付行うことができるのは、モビットが蓄積している。利用者のデータと、それに基づいたスコアリングシステム、さらには三井住友銀行がバックについているという資金状況があるためです。

 

しかし、同業他社もいずれはこのモビットのWeb完結サービスを参考にして、カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を省くシステムを導入するかもしれません。

 

状況別の対処法


カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~オフィスいる編

申込書に記入した連絡先に常にいるような場合には、カードローン申込時の在籍確認・電話連絡が行われたとしても、電話を取り継いで貰えればそれで済む話ですからあまり身構える必要はありませんが、それでも外部から個人指名で電話を受けるという状況が不自然なポジションである場合には、いずれにせよ煩わしい思いをすることになるでしょう。

例えば自分がプログラマーで電話応対をするデスクと全く役割が違うような場合ですね。そのようなポジションにある場合には、先回りをして電話受付を主に行う担当者などにクレジットカードの在籍確認・電話連絡があるかもしれません、と言っておくことが1番スムーズです。もしその会社が個人情報保護の観点から社員の在籍情報を外側に出さないという方針を貫いている場合には、なおさらです。ローンカードであったとしてもクレジットカードであると言っておけば、お金を借りようとしているということが周囲に知られることがありません。

とは言え、実際のところは、その職場にいる誰もがクレジットカードおよびローンカードの利用においてお互い様であるという状況でしょう。ですから、やや不自然な個人指名の電話がかかってきたとしても、内心「在籍確認の電話連絡だな」と思われて、終了でしょう。通過儀礼のごとく、これは誰しもが通り抜ける道なのです。そのようなわけですからあまり神経質にならず、おとなしく在籍確認の電話を受け入れましょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~オフィスいない編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。ここではオフィス非常者のケースについて見てゆきます。正社員であったとしても、外回りの仕事がメインでオフィスにあまりないような場合にはカードローン申込時の在籍確認・電話連絡はおのずと自分が電話に出るということができません。

ですから「 〇〇という名前の人から電話があったよ」という事後報告を受けることになります。事後報告を受けるだけならまだしも、 「あの電話はいったい何の用件なの」と問い直される場合があります。なかなか煩わしい状況ですね。もちろん、この状況に抵抗がない場合には何も自分が出なくても在籍確認は終了しますから特に問題ありません

また、この状況が煩わしいと思う場合にはクレジットカード在籍確認ですと言ってしまえば良いわけです。あるいは、外回りであることを良いことに、完全に他人事であるように語ってしまうのもアリです。つまり、その電話が何なのか分からない。とシラを切ってしまうわけですね。何も自分のこととしてその電話を受け取る必要は無いわけです。こういう時は横着にいきましょう。何の罪にも成りません。

電話を受けた人は、その日のうちは違和感を持って不自然に思うでしょうが、些細なことですから、次の日には忘れてしまうでしょう。そう大事な事はカードローン申込時の電話連絡・在籍確認の如きは「ささいなこと」に過ぎないということなのです。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~個人事業主編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。

ここでは個人事業主のケースについて見てゆきます。個人事業主のカードローン申込白在籍確認・電話連絡が。もしかすると、いちばん話がややこしいものかもしれません。それというのも、会社の在籍確認であれば、まずその会社の存在が比較的つかみやすいですから、その会社に問い合わせをし、在籍確認に成功しさえすれば、その利用者の収入の実態を明らかにすることができます。

ところが、個人事業主の場合、とりわけ屋号もなく、看板も出していないような個人事業主の場合、その個人事業としての売り上げや所得の実態を把握しづらいことになります。無収入でありながら、個人事業主を装ってお金を借りるという手口を、業者は、下手をすれば容認してしまうことになります。

ですから、こういう場合、業者のほうは、まず本人の自宅もしくは携帯電話に電話連絡を行った上で。その利用者の確定申告書や事業の発注書や請求書、受領書の追加提出を求める場合があります。

それらの書類によって売り上げや所得の実態を把握するわけですね。もちろん屋号を持っていて、看板を掲げている場合はそば屋の追加書類の提出は求められないかもしれません。まして飲食店などのように地図帳にもしっかり明記されている場合には何の問題も無いでしょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~主婦編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。ここでは主婦(夫)のケースについて見てゆきます。

主婦の場合のカードローンの利用については、銀行カードローンの場合は配偶者貸付けという形で収入のない専業の場合であっても、配偶者収入からの返済をあてする形でカードローンが発行される場合があります。その場合には、上限30万円などと利用限度額が小口に抑えられている場合がほとんどです。

一方、消費者金融業者や、信販会社、また多くの銀行では専業の場合の主婦に対しては、法律上禁止はされていないものの、配偶者貸付は行っていない場合が多いです。主婦とはいっても、アルバイトやパートで一定の収入がある場合に限り、そのカードローン商品に申し込むことができるというわけです。

銀行カードローンにおける専業主婦への貸し付けに関しては、自宅の本人確認が行われるだけで済みます。配偶者の勤務先に電話連絡来事はありません。また、パートやアルバイトで収入がある主婦の場合には、自宅の在籍確認・電話連絡ではなく、そのパートやアルバイトの勤務先への電話連絡がメインとなります。

あくまで配偶者貸付ではなく、そのパートやアルバイトの収入から返済をするというのが原則ですから、その在籍状況を確認しなければならないというわけですね。もしできることであれば、職場の電話受付担当者に相席確認がある旨を伝えておくとスムーズでしょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~バイト編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。ここではアルバイトのケースについて見てゆきます。

アルバイトの場合は申込書に記入した連絡先に自分がいるのであれば良いのですが、大型の販売店などでレジ打ちや営業を専門にしていると、事務所の電話担当とは一切接触を持たないというような場合が往々にしてあります。

そのような状況で個人指名の電話が入ってきた場合には、ほぼ間違いなくクレームの電話だと感じがされるでしょう。事務所の社員への個人指名であれば、仕事の電話だということになりますが、アルバイトの個人指名は、ふつう、そのアルバイトが来店客に対して何か問題を働いたのだと解釈されてしまいます。

アルバイトのつらいところはそのような場合に事務方に対して、在籍確認がありますので、といったことを、なかなか言いづらいというところです。正社員ならば、職場の同僚ということで融通をきかせてくれますが、アルバイトの場合は会社の電話を私的に利用しているかのように捉えられることもないではありません(こんなとらえ方がなされるのは本来おかしいことなのですが) 。

とはいえカードローン申込時の電話連絡・在籍確認がなければ審査は先に進みませんから、クレームと勘違いされるのが少々煩わしくても、事務方へ電話が行くのをおとなしく待っていましょう。あの電話はなんだったのかと聞かれたらクレジットカードの在籍確認というのも良し、親類からの緊急連絡だと言っても良いでしょう。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡~派遣編

カードローン申込時の電話連絡・在籍確認においては、その勤務状況において、色々悩みが異なってくると思います。その一つ一つを具体的に見ていきたいと思います。

ここでは派遣労働のケースについて見てゆきます。派遣の場合、カードローン申込時の電話連絡・在籍確認がどこにかかってくるかは当然、申込書に記載した連絡先に左右されるのですが、派遣元であっても、派遣先であっても、派遣労働の場合はその在籍確認がスムーズに行われないということが珍しくありません。

派遣元であれば、膨大な数の登録者の名簿管理している一方で、その名簿に載っているひとり1人の顔と名前は常連で仕事に入っているような人を除いて把握していません。そして、派遣先は、派遣先で自分のところの正社員の名前は把握していますけども。派遣でやってきたスタッフの名前は、すくなくとも初期の頃は把握していないでしょう。

派遣の場合の在籍確認をスムーズに行うためには、派遣元もしくは派遣先にその旨を正直に伝えておくことが大事です。派遣の場合の良いところは、派遣元である派遣先であれ、そこまで密接に関係を持つことがないので、カードローンを申し込んだ旨を知られたところでさして支障はないというところです。

もちろんポジションにもよると思いますが、カードローンで都合が悪ければクレジットカードの在籍確認と言っておけばよいでしょう。誰も何も追求してきませんから。ぜひ事前の申し伝をおこなっておきましょう。


カードローン申込ブラックに注意/在籍確認・電話連絡で頭がいっぱいの方へ


申込ブラックってそんなに黒い?

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡のことを心配する前に、「申込ブラック」というものについて心配をしておかなければなりません。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡は、煩わしいものですが、ほとんどのカードローン審査ではこの過程は不可欠ですから、在籍確認がないところはないかと、焦っていろいろと申込をしてしまいがちですが、そういう事は絶対にしてはいけません。申込に不利になるだけです。

それというのも、短期間にカードローンの申込を出しまうと、そのデータが各カードローン業者の加盟している信用情報機関に登録され、それぞれの業者が、その申込情報を紹介するために、 「この利用者はいちどにたくさんの業者に申し込んでいるのだな」ということが一目瞭然でわかってしまうことになります。わかるだけなら良いのですが、その同時申請の事実は、カードローンの審査においてネガティブな意味を持ってしまうことなります。

二社や三社ならまだ仕方の無い側面がありますが、それより多く同時申請を行ってしまうと、カードローン業者からすると、特に消費者金融業者や信販会社からすれば総量規制の枠内にその利用者が収まるかどうかが事前に把握しづらくなりますし、銀行や信用金庫などは総量規制の対象外であるとはいっても、与信の審査は行うわけですから、一挙に同時申請をしている利用者には過剰貸付の恐れがあるため、やはり敬遠してしまう事なるわけです。

ムダに申込ブラックにならないよーに

カードローン申込むときには、そのカードローン商品の商品説明のところに書いてある、申込条件のところに目を通しておかなければなりません。それというのも、申込条件のところには、年収条件、年齢、居住地、勤務地、その金融機関に普通預金口座持っているかどうか、といったことが書かれているからです。

うっかり、そのような条件を満たしてもいないのに、カードローン商品に申込をしてしまうと、その申込条件が信用情報機関に即座に登録されてしまいます。ですから、申込条件に引っかかってそのカードローン商品が落ちた後、次のカードローン商品に申し込もうという時に不利になってしまいます。

この申込条件を具体的に見て行きますと、カードローン商品のラインナップのうち、基本カードよりも格上カードとして位置づけられているようなカードローンでは、例えば年収500万円以上といった条件が設けられています。信用金庫や労働金庫では、年収150万円以上といった条件が設けられていることが多いです。

また同じく信用金庫や労働金庫では、その店舗の営業地域内に居住もしくは勤務していること、さらにその金融機関の出普通預金口座持っていることが条件となります。

この普通預金口座開設という条件は地方銀行などでも同じことです。カードローンを申し込んだ後に普通預金口座開設してもよいというところが多いです。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を気にしる前にこのような体にも気を払いましょう。

とどこおりなく返済、していますか?

今までカードローンを利用したことがある方、そのカードローンの返済は滞りなく行っていたでしょうか。カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を心配する前に、自分の過去のカードローンの返済状況を思い返しましょう。

カードローンを発行する機関というのは、銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融などなど様々ですが、そのいずれの機関での審査においても、信用情報機関での情報の問い合わせが必ずあります。

それだけではなく、銀行や信用金庫といった時間が発行しているカードローン商品は、民間の消費者金融や信販会社がその保証会社になっている場合が非常に多く、その場合にはその消費者金融業者や信販会社が保有している過去の取引履歴までが審査において紹介されることになります。

それらの取引履歴というのは、商法及び犯罪収益移転防止法などの規定によって長期間保存されることが求められています。

個人情報保護の観点からすると、できる限り早くそのような情報は発揮して欲しいものですが、それにもかかわらず長期保存が求められるのは、そのような金融機関と融資理解するとラブルがあった場合に、そのトラブルを立証するためにとりひき履歴の保存が不可欠であるためです。ものごとには一長一短があるものですね。

その様なわけで、過去のカードローン利用で返済の遅れがあった場合には、その事実はほぼ必ず追跡されると考えて間違いありません。各金融機関が加盟している信用情報機関は、シーアイシー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターのいずれかでしょうが、この3つの期間は相互にネットワーク連携していますからやはり逃げ場がありません。

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡より気になる収入状況

カードローンを申し込むときに気になるのは自分の収入状況ですよね。カードローン商品の申込上記のところにきっちりと年収が明示されている場合には、その条件を下回っていてもあきらめがつきますし、同時申請を無駄にしてしまうこともありません。

ところが、そのような条件を明示しておらず、一見すると門戸の広いカードローン商品の場合には、実はかえって同時申請のリスクが高いとも言えるのです。

しかもこの年収というのは、単に高ければいいという単純なものでもなく、自分の家族状況などとも関連して検討されることになります。つまり生計を共にする家族が多ければ多いほど、年収が一見して高くても、必ずしもそのカードローンの基準を満たしているとは限らなくなるわけです。

そうであるがゆえにカードローンの申請書には必ず配偶者の有無と世帯人数を記入する部分があります。ですから、世帯収入としては平均的な水準であったとしても世帯人数が多い場合には「なぜ審査に落ちたのだろう」といった状況に遭遇する可能性があります。

さらにはスコアリング上の問題から、例えば30代は20代40代と比べてスコアリング上不利になるといった憶測も飛び交っています。これはあくまでも憶測にすぎませんが、各業者は長年積み重ねたデータを基に統計を取り、どの年代のどの職業にどの程度のリスクがあるのかといったことを重み付けしていますから、思わぬ所で新車で落ちてしまうということもあります。

ただ、それは仕方のないことですから、そこで気分を荒げるような真似は絶対せず十分時間をおいて次のカードローン商品に臨むことにしましょう。

何年住んでいるか・何年働いているか

カードローン申込にあたっては申請書上ではとても地味なポジションにある居住年数や勤続年数がとても重要な位置づけを占めてきます。特に自営業者でカードローン商品に申し込む場合には、確定申告書類の提出を求められる場合があり、当然その場合には、すくなくとも1年以上程度の事業期間が自ずと求められることになります。

自営業者に求められる確定申告書というのは、単に収入を確認するためではなく、カードローン申込中の在籍確認・電話連絡が行いにくいというと側面から追加資料としてページが求められる場合が多いのです。

居住年数や勤続年数というのは、カードローン業者が各々備え持つスコアリング上で重要な位置にあります。勤続年数はとても分かりやすいですが、たとえ年収が高くても、例えば営業職であれば出来高制である場合も多く、その年は、年収が高かったとしても、次の年は成績が悪いという可能性もあるわけです。

そんな中で勤続年数が多ければ成績の上下を堪え忍んで、その会社の中に続けたということを示すことができますから自ずと信用が高まるわけですね。

それから居住年数は万一貸し倒れが生じたときに、その利用者が逃げてしまわないかどうかという点を図るためにも重要な指標です。夜逃げなんて自分には関係ないと考えているかもしれませんが業者の側にとっては、誰が夜逃げをするかどうかというのは、データの中からしか推測ができません。

居住ですが、長い人であれば、しかも持ち家に住んでいる人であれば、近所との付き合いもありますから。夜逃げなどという選択肢は非常に取りにくいという面があります。そのような部分をチェックしているわけです。

自分が何者か示す

カードローン申込時の在籍確認・電話連絡を気にする前に自分の本人確認書類、すなわち身分証明書の住所がきちんと変更されているかどうかをしっかり確認をしましょう。

消費者金融業者や、信販会社が提供するカードローン商品に申し込むにあたっては、貸金業法の規定によって両者は利用者の免許証番号を控えなければならないことになっています。もちろん免許証が発行されていない場合は、これは関係ないのですが、運転免許証の住所が変更されていないと免許証番号を提示するために免許証を差し出し、さらに現住所が記載されている別の書類を差し出す必要があります。

これはとても面倒ですね。その別の書類というのは健康保険証やパスポート、さらにそれらの住所すら変更されていない場合は、家に届く公共料金の請求書を提示することになります。この公共料金の請求書も引っ越してすぐのときには家に届きませんから、なかなか不便をすることになります。

それから自動契約機などを使ってカードローンを申込に行くときにも、本人確認書類は必ず持っていきましょう。金融機関が何らかの金融商品を販売するときには、犯罪収益移転防止法によって必ず免許証、保険証、パスポートなどの公的な書類によってその利用者の氏名、住所、生年月日を確認しなければならないことになっているからです。

そして、先にも述べたように、消費者金融業者と、信販会社の場合には免許証番号が必須ですから、もし免許証が交付されている場合には、面倒だからと言って保険証の提示で済ますのではなく、きちんと免許証を提示しましょう。
あなたの要望は、どの辺に該当しそうですか?