カードローンで借りれる金額

カードローン(top)

いつのまにか、新聞紙上やインターネットなどからは消費者金融会社の名前が消えました。イメージとしては急に見なくなった印象がありますが実はそうではなく長い期間をかけて排除されてきた経緯があるのです。昔から消費者金融はサラ金などといわれ、自殺や事件などの引き金になるような暗いイメージがつきまといました。そして度重なる取り立ての厳しさからその暗いイメージも決定的になったのです。そのイメージの悪さには高すぎる金利もあります。昔から金利も法律で定められていたのですが、法律の網の目が大きすぎて高利貸しも暗躍していたのです。そのようなことから法規制や社会的市場での淘汰が始まり現在の状況になったといいます。今では当時の隆盛を誇った消費者金融会社の名前を目にすることはなくなりました。それでも探せば目に馴染んだ名前を見ることもできますし、どっこいまだ存在しているんだなと思う人も多いでしょう。様々な法規制や人々のサラ金離れから単独での経営の存続が危うくなった消費者金融の各会社はそれぞれが銀行などの傘下に入りその銀行の一部門または、会社名を存続させて生き残っているのです。現在人気の銀行フリーローンは名前を変えたサラ金ともいわれていますが、それはその実態が旧消費者錦秋会社が取りしきっていることから言われているのです。それでも一昔前のサラ金のイメージは払拭されたとはいえませんが、銀行の傘下に入ったことからかなりソフトなものになったといえるでしょう。日本では世界でも稀なほど、人々は高い経済活動を行っています。そのためには必要なお金を回さなければならず、会社も個人も少なからずの借金は必要です。そのようなことから借金には暗いイメージがつきまといながらも今後もなくなることはないでしょう。借金がなくならない以上借金と上手につきあっていくことが大事です。ここでは、カードローンの仕組みについて詳しく調べていますのでお金を借りたいという人の一助になることでしょう。

カードローン・用途自由

カードローンのメリットの一つに使途自由な面があげられます。たしかに銀行などでもフリーローンといって使途自由なローンがありますが、金額が前もって決まってしまっているのでなかなか融通が利きません。その点、限度額内であれば出し入れ自由なカードローンはとても便利なローンとして若者を中心に普及しています。

 

フリーローンを例に取ると最初に金額ありきなので、車の購入費用に充てたい人は200万円を借りたとします。すると200万円は固定ですからあとは返済していくしかありません。一方のカードローンは限度額200万円で申し込みその200万円を全額車の購入費に充てます。そして月々3万円の返済をするのですが、1年たてば36万円払ったことになります。そうなると新たに36万円のお金を借りることができるのです。借金は限度額の200万円ですから元に戻ってしまうわけですが新たに他で借金するよりは便利ですし金利の面でも有利です。ですからカードローンはできるだけ限度額の高いものにしておけば何かのときにとても便利といえるでしょう。

 

もちろん借金ばかりしていては完済までの期間が延びてしまいますがそれでも必要なお金を使う場合はカードローンはとても強い味方となるのです。もちろん借金しないことに越したことはありませんがお金は天下の回りものですからこのカードローンの趣旨としてはとても社会に貢献しているといえるでしょう。もう少し金利が安ければもっと使いやすくなりますね。

カードローン・借りすぎには

カードローンで気をつけなくてはいけないのは何度も借りることでしょう。限度額内での出し入れが自由ということは考えようによっては半永久的に借金から抜けれない危険性もあるのです。ある程度返して限度額に余裕ができると新たにお金を借りてしまう人も多いようですから、それではいつまでたっても借金を完済できません。どこかで悪循環を断ち切らないといけないのです。

 

とはいっても個人事業主であればだれでも借金はあるものです。切り詰めてお金を使わない選択ももちろんありますが、それではいつまでたっても業績は上向かないでしょう。それよりも借金をしてでもお金を使うことで業績を上げ少しでも早く借金の返済を終えたほうが得策です。それよりも常に借金と上手につきあっていくのもいいでしょう。個人の場合はともかく個人事業主であれば常に借金ありきといえるのです。借金をしてでも資金繰りをして業績をあげるほうが結果としてよくなることが多いのは昔も今も変わりません。どちらかといえば銀行にしてもカードローン会社にしてもお金を貸したいがためにこのような金融商品を出しているわけですから両者の思惑は常に一致しているわけです。

 

それでも計画的に借りなくてはいけないのは言うまでもないでしょう。無節操に借りてしまえば待っているのは自己破産ということになりかねません。カードローンは毎月コツコツとお金を返して使うときはどんと使うというのがいいのでしょうね。

カードローン・借金であること

カードローンは誤解はないのかもしれませんが、昔から延々と続く借金の進化形ともいえるものです。借金はいつの時代も人を苦しめてきたものですが、借金がないと経済は回っていかないともいえるでしょう。

 

ご存知のように国自体も大きな借金を抱えています。国が借金をしなくて緊縮財政を組めば、途端に私たちの暮らしは息の詰まったものになります。個人の借金も同じですとは言いませんが、暮らしぶりが派手になればなるほど元の暮らしにはなかなか戻れないものです。ですから借金を解決するには慎ましい生活をとるか派手な暮らしを取るかといった究極な選択にもなりかねません。

 

それはある意味極端な話かもしれませんが国の借金を考えるとまさにその通りだといえるのです。それを個人的な問題にあてはめてみても当たらずとも遠からずといえるでしょう。借金とはうまくつきあっていくのが一番いいのですが、ときとして使いすぎて借金の額を多くしてしまいがちです。借金はなかなか人には言いづらく、人に相談するときはすでにどうしようもなくなっていることが多いと思います。ですから個人的な借金については事が大きくならないように自制を効かせなくてはいけません。

 

人の価値の判断にいくら借金ができるかというのがありました。それは信用の問題からも一理あるのですが、借金を膨らませるのは得策ではありません。適度な借金で上手に生活していくのが一番なのはいうまでもないことですね。