在籍確認とは

在籍確認とは

消費者金融に融資を申し込んだ時、必ずと言っていいほど行われるのが在籍確認・電話連絡です。在籍確認とは、その名の通り在籍しているかどうかを確認するということになります。

 

消費者金融に融資申し込みをした際には、自分の名前、住所、生年月日、家族構成、年収など自分の情報を記載しますが、その他に勤務先の情報として、会社名、住所、電話番号なども記載します。その勤務先として記載した会社に、本当にその人が勤務しているのかということを電話にて確認するのです。

 

当然、電話したところ、「そんな人は働いていない」となれば虚偽の勤務先を記載したとして審査が通らなくなる可能性があります。電話連絡をして、本人が電話口に出れば、それだけで目的である在籍確認は完了します。そのため、その会社の人に、その人の勤務態度、年収、在籍期間などを聞くことはほとんどありません。

 

在籍確認・電話連絡では、まず、本人であることの確認をしなければいけません。もしも違う人が本人と偽って聞かれるのを防ぐためです。そのため、生年月日や住所などを聞かれることでしょう。そして申し込みの内容を再確認され、それで在籍確認は終了となります。

 

何も難しいことではありませんし、逆に言えば在籍確認は数ある審査項目の中の最終審査となるようなもので、ほとんどの場合、在籍確認をして本当に働いている事実がわかれば、その後すぐに審査クリアの連絡が来ることでしょう。在籍確認は、嫌な電話でもなく、実は喜ばしい一報なのです。

 

在籍確認の電話連絡