在籍確認の方法

在籍確認の方法

では消費者金融申し込みの際の在籍確認はどのような方法でおこなわれるのでしょうか。

 

在籍確認で消費者金融側が知りたいことは、まずは申し込みに記載した勤務先が実在するのか、そして、申し込みをした人が本当にその会社で働いているのか、そして、その本人が申し込みをした人本人であるのかの確認です。

 

それをより確実に行うためには、申し込みに記載している勤務先の住所に出向き、そこで申し込み人を呼び出してもらい、そこで本人と証明できるものを見せてもらうということでしょう。

 

ただ、それだとかなりの手間がかかってしまいますし、消費者金融から借り入れをしている、または取り立てに来たのでは?と会社側に疑われてしまうことでしょう。もちろん消費者金融側でも、あまり効率が悪いですし、経費もかかってしまうでしょう。

 

そのため、消費者金融の在籍確認は、ほとんど電話連絡でおこなわれます。申込書に記載している勤務先の電話番号に電話をかけ、そこで申し込み人の名前を言って呼び出してもらう方法になるのです。そのため、直接在籍確認をしに来るわけではありません。

 

また、もしも勤務先で連絡が取れなかった場合には、自宅に電話がかかってくることもあるようです。また、電話口に出られない時も「○○(申し込み人)は今会議中でして」という、本人が在籍しているということを証明できるのなら、直接電話を受け取らなくても済む場合もあります。

 

ただ、消費者金融によっては、本人でなければ在籍確認として証明できないというところもあります。
在籍確認の電話連絡