電話口で本人確認

電話口で本人確認

ほとんどの優良な消費者金融は、会社名ではなく個人名で在籍確認・電話連絡を聞いてくるので、自分以外の人が電話に出ても場合によってはばれないというケースもあります。

 

ただ、もうひとつだけ在籍確認で消費者金融からの電話ではないか?と思われてしまう可能性がある事例があります。それは、本人確認です。

 

本人確認とは、電話に出た人が本当に申込をした本人であるのかを確認することです。消費者金融によって異なりますが、たいていは生年月日や住所、電話番号が聞かれ、場合によっては生まれた年の干支を聞かれる場合もあります。

 

実際、電話を取り次いでくれた人によっては、個人名ですから、まったく消費者金融からの電話だと気がつかない場合もあるのです。

 

ですが、それでも、本人確認のため、電話口で生年月日や住所を伝えなければいけません。普通に考えて、電話で自分の生年月日や住所を伝えるということは、はたから見れば異様な光景でしょう。普通に考えて、電話口で生年月日を伝えなければいけない、という事例はほとんどないでしょう。

 

そのため、ちょっと詳しい人だと「消費者金融の在籍確認」じゃないか、と感づいてしまうのです。

 

本人確認は必ず行わなければいけないものです。そのため、これだけはどうしても避けることができないでしょう。たとえ自分が真っ先に電話をとったとしても、生年月日や住所を伝えている光景を見られれば、やはりばれてしまうことでしょう。

 

そのため、あまり人のいない時間を狙って電話をしてもらうとか、子機をもって人毛のないところに行くしか方法はないでしょう。
在籍確認の電話連絡