本人であることの確認

本人であることの確認

在籍確認・電話連絡では、当然その会社に勤務しているかどうかは確認しますが、実際は電話連絡ですから、その人が本人かどうかはわかりません。

 

会社によっては、その本人になり済まして要件を聞こうとするところもあるかも知れません。そうなると、消費者金融からお金を借りているということがわかられてしまいます。

 

もちろん、ほとんどの会社はそういったことはありませんが、場合によっては、名前を聞き間違える、伝達ミスなどで、自分の名前と似ている人が電話を受けてしまうこともあるでしょう。

 

そういった万が一のトラブルに備え、在籍確認では、その電話に出ている人が、本当に申込をした本人であるのかも確認されます。

 

名前だけではいけませんので、たいていの場合は生年月日を聞かれることでしょう。本人であることの確認する内容は消費者金融によっても異なり、生年月日と住所を伝えなければいけないところもありますし、年齢、干支も聞かれることもあります。本人ならすぐに応えられるような内容でも、他人なら躊躇してしまうでしょう。

 

こういった本人であることの確認は必ず最初に行われます。これをパスしなければ、本来の在籍確認はとれません。

 

とはいえ、本人が消費者金融から借り入れするつもりで申し込んでいるわけですから、その本人が電話に出れば問題ないことです。

 

そのため、特別心配するようなことではないでしょう。逆にテンパってしまうと、簡単な本人確認も戸惑ってしまい、本人かどうか疑われてしまうこともあるかもしれません。
在籍確認の電話連絡