存在する会社かどうか

存在する会社かどうか

正直言って、在籍確認・電話連絡をする消費者金融の担当者は、全国の一流会社から地方の中小企業の名前を知っているわけではありません。極端な話、何の仕事をしているのかさえわからずに在籍確認をしている場合もあるでしょう。

 

ということは、どんな名前の会社でも気付かれないということが言えます。もし、無職の人が消費者金融からお金を借りたいという時に、その際の審査は、厳しいものになるでしょう。それなら、自分の自宅の電話番号を記載し、あたかもそれが会社の電話番号であるというような策もできるかも知れません。

 

いざ、在籍確認が来れば、会社の事務員を装って電話に出ることができるのですから。そうなると、無職で返済能力のない人までお金を貸してしまうことにもなりかねません。

 

そうなると、もはや在籍確認の意味が全くなくなってしまうでしょう。

 

ただ、実際にはそうはいかない場合もあります。消費者金融によっては、その会社が存在するかどうかも事前にチェックするところもあります。

 

それを調べるのは、実はそれほど難しいものではないのです。タウンページなどで検索してみてもいいですし、ネットでは住所さえ分かればそこが何をやっているのかわかってしまいます。

 

会社を興しているところは、たいていタウンページに電話番号を載せたりするものです。そのため、タウンページでみてもしその会社名がなかったら、消費者親友側も審査を厳しくしてしまうかも知れません。そのため、偽って職場を記載してもすぐにバレてしまうのです。
在籍確認の電話連絡