アルバイトのため存在を事務員が知らない

アルバイトのため存在を事務員が知らない

消費者金融から借り入れをするには、アルバイトでも安定した収入があればOKというところも多いです。ただ、アルバイトの場合、注意しなければいけないのが在籍確認・電話連絡で自分に電話がかかってきても回してもらえないことがあるということでしょう。
もちろんそれは嫌がらせとかではありません。少ない職場ならそういったトラブルはまずありえないでしょう。ただ、規模が大きくなればなるほど、会社の事務員がどんなアルバイトを雇っているのか把握できないこともあるのです。特に正社員、アルバイトが数百人もいるような会社だと、その可能性が高くなるのです。そのため、もしも電話を受けた事務員等が、「○○さんお願いします」といわれても「○○というものはうちにはいませんね」といわれてしまう可能性があるのです。特にアルバイトを始めたばかりの人だと、なかなか自分を知ってくれることもすくないのです。
当然、本当に在籍していたとしても、会社側が誤って「いません」といってしまえば、在籍確認ができなかった、虚偽だったということにされてしまうのです。そうなれば、仁さは厳しくなることは必至でしょう。
こういったことをなくすためには、やはり大規模な就職先の人は、しっかり上司や事務員にしってもらうことでしょう。それも難しい場合には、こういった会社から自分宛に電話がかかってくるかもしれません、ということを事前に正直に伝えておくことでしょう。それにより、消費者金融から借り入れをしているということがばれてしまうかも知れませんが。
在籍確認の電話連絡