転送電話

転送電話

会社とっても一部上場の企業から、町の小さな店などさまざまあります。もちろん一流企業のほうが審査に関しては条件がいいでしょう。だからといって、小さな店舗で働く人が消費者金融からお金を借りられないというわけではありません。ただ、会社の規模に関係なく、在籍確認の電話連絡でNGとなってしまう会社があるのです。それが転送電話です。
転送電話とは、主に電話番や総務、事務などの職員がいない会社でよく使われているものです。特に工事現場などで働く工務店などでよく利用され、もしその事務所に電話がかかってくると、転送され社長の携帯電話にかかってくるというものです。そのため、仕事の電話などに最適なサービスです。実は消費者金融の会社によっては転送電話の場合には在籍確認にはならないとうところもあるのです。
それは、最近、アリバイ会社やバーチャルオフィスなどを利用して、あたかも会社に勤めているかのように偽る人がいるからのようです。そういったサービスの場合に、転送電話を利用するケースがあるからです。もちろん、転送電話=アリバイ会社やバーチャルオフィスというわけではありませんし、アリバイ会社やバーチャルオフィスが転送電話しかないというわけではありません。そのため、転送電話だからといって、偽の勤務先という断定はできません。そのため、本当にその会社に勤務していても転送電話のために不可となるケースもあるのです。そういった場合には、社長などに事情を説明して、転送電話を解除してもらうといいかも知れません。
在籍確認の電話連絡