私用の電話と勘違いし事務員が取り次いでくれない

私用の電話と勘違いし事務員が取り次いでくれない

消費者金融に申込をすると、多くの消費者金融は個人名で在籍確認・電話連絡をしてきます。それにより、同僚に消費者金融からの電話であることを知られることがありません。ただ、それは本人に電話が回ってくれば、ということです。働いている会社によっては、仕事中は私用の電話は一切取り次がないというところもあります。たいてい、仕事の電話の場合は、会社名を伝えてから自分の名前を名乗るものです。それが最初から個人名ということは、当然使用の電話と思われてしまうのです。そんな会社ですから、電話がかかってきたこと自体知らせられないかも知れません。電話を取り次いでくれないのですから、在籍確認のしようがありません。
もちろん、事前に電話番をしている事務員の方に「個人名で電話が来るかもしれませんので…。」と消費者金融であることを伏せて伝えても、結局は私用の電話と思われ、逆に怒られてしまうかも知れません。もしかすると、「消費者金融に申込をしまして、おそらく個人名で電話がかかってくるかもしれないので、取り次ぎお願いします。」といったとしても、『それも私用の電話です』といわれてしまうかも知れません。
ただ、取次できないからといって必ずしも在籍確認がNGと決まったわけではありません。もし、「○○はいますが、私用の電話はお取り次ぎできません」という会社の対応なら、在籍していることはわかりますから、それにより連絡が取れなくても在籍確認とみなされることもあります。
在籍確認の電話連絡