カードを申し込んだ後は、知らない電話でも受け取る

カードを申し込んだ後は、知らない電話でも受け取る

消費者金融の在籍確認では、消費者金融の会社名ではなく個人名で連絡が来ます。おそらく、電話を受け取った人が「どういったご関係でしょうか?」と聞かれたとしても、会社名を出すことはないでしょう。これは、消費者金融からお金を借りているということを会社に知られないための消費者金融側の配慮によるものです。ですが、これが裏目に出てしまうこともあります。
消費者金融の在籍確認で失敗してしまうのは、個人名で電話がかかってきてしまうので、怪しい電話、勧誘の電話だと勘違いして知らない電話、身に覚えのない人からの電話は受け取らないためです。もちろん、受け取らなくても、電話をとった人が『○○(申込した本人の名前)は、今外出中でして…』とでも言ってくれれば、それだけで在籍確認となる場合もあります。ですが、勧誘の電話だと勘違いして『そういった人はウチにはおりません』と言ってしまうと、在籍確認ができず虚偽の記載と勘違いされてしまうこともあるのです。また、消費者金融によっては本人が電話口に出ないと在籍確認とならないケースもあります。そうなると、当然在籍確認ができないために審査が通らないということにもなりかねないのです。
そういった失敗を避けるためには、消費者金融に融資の申し込みをした後は、知らない人から電話がきても必ず受け取るようにしましょう。また、事務員の方にも、自分宛てに電話が来るかもしれないんで、取り次ぎお願いします、と事前に伝えておきましょう。
在籍確認の電話連絡