電話は自分が積極的に取る

電話は自分が積極的に取る

消費者金融からの在籍確認の電話連絡は個人名でかかってくるので、たいていは消費者金融からの在籍確認であることは会社に気づかれずに済みます。ですが、絶対にばれないという保証はなく、電話を受け取った人によっては『私用の電話は一切取次ぎいたしません』という人もいますし、場合によっては勘違いして『そのような方は当社には在籍しておりません』と言ってしまうかもしれません。特に派遣社員やアルバイトの場合にはその可能性があります。また、感のいい人や自分も消費者金融から借り入れをしたことがあるような人は、個人名で電話がかかってきて、電話口で生年月日を言っているのを見ただけで消費者金融からの電話だと気づくこともあります。このように、電話を取り次いでもらうと、どうしてもそういった失敗も発生してしまうこともあります。
より、失敗を防ぐためには、消費者金融に借り入れの申し込みをした後は積極的に自分が電話に出るようにしましょう。そうすれば、誰から電話がかかってきたのかもわかられませんし、万が一申し込みをした消費者金融が個人名ではなく消費者金融の名前最初から出してくるような場合でも安心です。また、電話口で生年月日を話しているところを聞かれたとしても、『実家からでさ、何かの懸賞に俺の名前で応募するから生年月日教えてくれ、っていう電話でさ』というように、何とでもごまかしようがあるでしょう。
ただ、普段電話にまったく出ない人が、その数日間だけ真っ先に電話をとるようだと、その行動だけで不審に思われてしまいます。そのため、普段から電話は積極的にとるようにするといいでしょう。
在籍確認の電話連絡