会社の人に事前に伝えておく

会社の人に事前に伝えておく

在籍確認の際、自分がすぐに電話に出られるような状態、できれば一番先に自分が出られるようなら一番いいでしょう。ですが、仕事の内容によっては事務所には全くいない、または外出することもあるでしょう。そんな時に、在籍確認の電話がかかってくる可能性も少なくありません。そんな時に、きちんと電話を受けた人が「今外出しておりますので、○時頃には帰ってくると思います」というような応対をしてくれれば、それだけで在籍確認となることもあります。ただ、個人名で電話がかかってくるために、『お繋ぎすることができません』という人もいるかもしれません。また会社によっては事務員・電話番を置かず、転送電話で直接社長に繋がるようにしているところもあります。特に工事関係の会社だとそういったケースがあります。そうなると、転送電話というだけで審査が通らなくなる場合もあるのです。
そういった失敗を防ぐためには、会社の人に事前に伝えておくことも大切です。もちろん、会社には知られたくないから言わない、という人もいますがそれだとせっかく申し込みをしたものが不可となってしまうのです。転送電話の場合は、有無を言わさず電話が転送されますから、事前に伝えておかなければいけないでしょう。一番いいのは、正直に消費者金融から在籍確認の電話が個人名でかかってくるかもしれないので…というのが失敗が少ないですが、それだと会社にばれます。そのため、「○○さんという方から電話があるかと思うので…」とだけ伝えてもいいでしょう。もちろん、その前には消費者金融に連絡をして、何という名前で在籍確認を行うのかを聞いておけばいいでしょう。
在籍確認の電話連絡